サクラのバイトってどこで募集しているのかご存じですか?

keyboard_typing数そのものは確実に減りつつあるものの、それでも一向になくならないサクラという存在。これを根絶するのはもはや不可能なことでしょう。

もともとサクラは、出会い系用語ではありません。

「新装開店する時にお金をだすから並んでくれ!人が集まった頃合いで商品を褒めて嬉しそうに買ってくれ!」というのがもともとのサクラです。

少し前にはマクドナルドが新商品を出す際に行列をつくるためのアルバイトを雇い、問題になりました。

日本マクドナルドはかつて商品として販売していた「クォーターパウンダー」を、2008年11月より新ブランドとして東京都内で展開しているが、その立ち上げに際しアルバイトを動員して意図的に行列を作り出した。

2008年12月には大阪での販売を開始したが、この時には徹夜組を含め2000人余りの行列ができた。しかしこのために派遣会社のフル キャストなどアルバイトを1000人募集していたことが判明している。このアルバイトには報酬として時給1000円とハンバーガーの代金が支給された。バ イトスタッフによると3回購入するよう指示があったらしい。

日本マクドナルドはこのアルバイトの依頼はいわゆるサクラややらせではなく「モニター調査」であったと弁明しているが、モニターであれば 「複数回購入する必要がないこと」と「わざわざ混雑するオープン日に徹夜させてまで並ばせる必要がないこと」から説得力に欠けると非難された。この頃に 2ch等で「サクラバーガー」と命名されている。

さらに同社のPR業務を一部担当している、トレンダーズ社長の経沢香保子氏が自身のブログで取引関係を伏せたステルスマーケティングを展開したこと、さらに批判コメントはすべて削除するなどの対応をしたため、批判が強まった。

また日本マクドナルドは大阪での発売開始日の店舗売上が過去最高であったと発表しており、このことがIR的に問題だとの意見もある。

http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E5%95%8F%E9%A1%8C

元はといえば歌舞伎や舞台などで役者に対して声をかけるように頼まれていた見物人のことを指していたそうです。なぜそれをサクラと言うかといえば「桜が咲くと人が集まってくるから」や「桜はパッと咲いてパッと散っていくから」なんて説があるそうです。

要は「売上を上げるために客を装う」のをサクラというわけですね。当然、そこには給料が発生していますので立派な仕事です。でも、そんな仕事を募集しているのなんて見たことないですよね。

それも当然、なにも出会い系のサクラ募集!というふうに大々的に行われているわけではなく、実に巧妙な手口で偽装されているのです。

サクラではなく、メールオペレーターやPCデータ入力という呼び名

では、どこでどんな風に募集されているかといえば、実はごくごく普通のバイト募集サイトだったりするんです。さすがに地上波でCMを流している「バイトル」だったり「an」といった超大手では掲載することはできませんが、チェックがゆるい中堅の求人募集サイトでは今でも募集されています。

例えば、こんな形で募集されていることが多いですね。

sakura

どこにもサクラや出会い系といった文字はありませんが、これは完全に出会い系のサクラ募集と断言してしまっていいでしょう。高給であることをうたい、服装や髪型が自由なPC入力オペレータといえば、それはもうサクラ業務しかありません。

サクラとは知らずに応募してしまい、面接の段階で初めて出会い系のサクラだったと知るパターンも多いようですが、その自由度や時給に惹かれてそのまま始めてしまう若者も多いようです。

ちなみに、こんなふざけたサクラ募集もあったりします。

sakura2

当然、人を騙してお金を巻き上げるサクラを束ねる会社なのですから、こんな好待遇なわけがありませんからね。よくみれば「最低月収35万(を提唱してるだけ)」だったり「採用祝い金12万円=即金!?(あげるとは言っていない)」のように、ウソはついていないけど騙す気は満々なところが見てとれます。

サクラが募集されているということは、サクラはまだまだ現役です

このように、今もなおサクラというものは増え続けています。しかし、これでも一時期のピークに比べればだいぶ減ったほうだと言えますね。その原因としては「サクラのバイトというだけで逮捕された」という前例ができたことが大きいでしょう。

詐欺容疑で男女34人逮捕=電子マネー権利不正取得-うそメール送信、被害数億円か

警視庁と北海道警、長野、石川、高知、福岡各県警などの合同捜査本部は25日までに、「7000万円を譲る」などとうそのメールを送り、長崎県の男性から 電子マネーの権利をだまし取ったとして、会社代表竹本宗晴容疑者(36)=東京都港区芝浦=ら男女34人を詐欺容疑で逮捕した。
同庁捜査2課に よると、竹本容疑者ら9人は「身に覚えがない」などと否認し、25人は容疑を認めている。同課などは25日までに、新宿区高田馬場のオフィスビル一室のア ジトを摘発。パソコンや携帯電話、売り上げ目標や進捗(しんちょく)率などが書かれたホワイトボードなどを押収した。
同課は、このグループが2012年から詐欺を繰り返し、全国から数億円以上を詐取していたとみている。「震災復興支援金10億円を譲る」などと持ち掛けたケースもあり、計1億円以上をだまし取られた女性もいるという。
竹本容疑者らはインターネット上で、「メールアポインターの仕事。月給30万円可」などと呼び掛け、うそのメールを送り付ける「打ち子」を募集。逮捕された大半は打ち子だった。
電子マネーの権利をだまし取ったことについて、逮捕された1人は、特殊詐欺の対策が進んでいる金融機関に比べ、リスクが回避できるなどと話しているという。(2015/03/25-12:56)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015032500219

いわゆる逆援助でのサクラですね。逆援助交際募集なんてのは、もう100%がウソや詐欺と断言してしまっていいでしょう。いまだにこんな手口に引っかかってしまう人がいることにも驚きですね。今回の判例で画期的だったポイントは「幹部だけでなくサクラのバイトまでもまとめて逮捕された」という点です。

それまで出会い系が摘発されるケースというのは未成年が出会い系を利用していたことを咎めなかった、という青少年育成条例違反での摘発がほとんどでした。つまり、出会い系がサクラを雇っていること自体に違法性を問われることはなかったわけですね。

しかしここ2、3年は「出会うことが絶対にできないサクラ」を雇っているにも関わらず、一般の男女が出会えるという看板を掲げている……つまり詐欺容疑での摘発も増えてきました。

今回のケースはさらにもう一歩踏み込んで、どちらかといえば「振込詐欺」の一環として摘発された部分もありますが、サクラのバイトともども一網打尽にしたというのは非常に大きなインパクトを業界に与えたことでしょう。

詳細な手口としては、たとば下記のようなものだそうです。

ン千万円をあなたにあげたいのですが(この時点ですでにおかしいですが)そのままあげてしまうと税法上の問題が発生してしまうので、それを回避するためにあれこれ手続きが必要になります。

それにはウェブマネーやビットキャッシュ、iTunesカードやGoogle Play ギフトカードなど、コンビニで売っている電子マネーを買ってきて、その裏面に書かれているシリアルコードを教えてください。

直接銀行口座に振り込ませてしまうと簡単に足がついてしまう、ということでこんな回りくどい方法をとっていたそうですが……その甲斐むなしく逮捕されてしまっています。

このように、サクラのバイトはおおいなるリスクをはらむ時代になりました。今後、この方針を続けていけばサクラのバイトはどんどん減っていくことでしょう。出会い系を始めるならまさに今といえます。昔、出会い系でサクラに騙されてネガティブなイメージを持っている人ほど、いまの健全化されつつある出会い系を利用して、今度こそいい思いをしてもらいたいものです。