出会い系サイトの業者(デリヘル業者)のデメリット

but1大手出会い系サイトを利用していると、素人を装ったデリヘル業者の多さにウンザリして「もう業者でもいいからお金払ってセックスしちゃおうかな……」なんて弱気になることがあります。

しかし、出会い系サイトのデリヘル業者を利用すると、いろいろなデメリットがつきまといます。もちろん、そういったデメリットを知ったうえで手を出すのはかまいませんが、知識として仕入れておかなければ危険な目に遭うこともあり得ます。ぜひとも、参考にしてみてください。

出会い系サイトの業者のデメリット

18歳未満の女の子を雇っている業者もいる

こちらは、業者が逮捕されたら芋づる式に、その顧客が逮捕されていきます。「18歳未満だということを知らなかった」といって許されるものではありません。

携帯番号を変えても意味はありません。警察が携帯事業者の個別番号からたどっていけば、過去の端末利用者にたどり着くことも可能なのです。

また、話題のないときに逮捕されると、報道されてしまう可能性もあります。テレビのニュースや新聞で、児童買春ポルノ法違反で逮捕され、実名報道されてしまったのを何件も目にしたことがありますね。

それに、携帯履歴からの逮捕は、1年以上遡って逮捕されることもあり得ます。「あのときの業者は18歳未満だったのかも」なんて怯えながら日々を過ごすのはゾッとしますね 。

個人情報が業者間でヤリトリされる危険性

一度でもデリヘル業者を利用したら、そのメールアドレスや電話番号を業者間でヤリトリされてしまう危険があります。

他の出会い系業者から不審なメールが来たり、勝手に入会させられていたりといったトラブルに巻き込まれてしまうのです。

架空請求や脅迫の可能性

「あなたがセックスをした少女は18歳未満だった。警察に通報してほしくなかったら○○円振り込め」

だの

「あなたがセックスした女性が妊娠した。慰謝料として○○円振り込め」

のような恫喝の電話がかかってくる例もあります。

せめて業者を利用するとしても、絶対に電話番号や本名を教えないようにしてください。

業者のほうが女性のプロフィールにウソが多い

もちろん、素人の女の子だって、見た目や年齢でウソを付きますが、業者の場合は、その何百倍もウソを付きます。

だって、実際にどの女性を派遣するかは、メールの段階では決めていないんです。時間と場所を指定して、初めて派遣する女性を決めているのです。

だから、ヤリトリの段階で、細身だの若いだのと言っているのは、業者の場合は、ほぼ意味が無いと考えてください。

業者の取り分があるから女の子のクオリティが低い

一般論として1時間3万円の援助交際だとしたら、業者の取り分が半分とすると、女の子の取り分は1万5000円。

いまどき、15000円で満足な女の子とセックスできるわけがありません。

少しくらい交渉に時間がかかっても、3万円でイケてる素人女子とセックスをするほうが絶対に幸せになれるでしょう。

嬉しいハプニングが起きない

ちょっと気に入ってくれたら、最初に決めていた時間よりも長く楽しめるかもしれない。2回戦ができるかもしれない。終わった後に一緒に食事に行けるかもしれない。

風俗と違って出会い系にはそういう嬉しいハプニングが起こり得ます。

でも、業者だったら回転率が命ですから、そんなことは絶対にあり得ません。

また、業者で働くような女の子は、その後、プライベートで会えるようになることは絶対にありませんが、素人の女の子だったら、プライベートのセフレになる可能性はゼロではありません。この可能性の差は実は非常に大きいのではないでしょうか。