出会い系サイトに存在するデリヘル業者、その対策

出会い系サイトには認可をうけていないモグリのデリヘル業者が大量に存在します。

大手出会い系サイトは、サクラを雇っていません。

しかし、もぐりデリヘル業者が、客を求めて、一般の女性を装っているわけなので、防ぎようがないのです。

デリヘル業者の男性のサクラ(打ち子とよばれます)が素人女性を装って、男性とアポをとり、「1回2万円でどうですか」みたいな感じで約束をします。

風俗嬢の女性はホテルに入って、すぐにコトを済ませて帰っていきます。

もちろん、それでもいいという人もいるかもしれませんが、素人じゃないとダメという方は、この業者を見分ける必要があります。

業者を見分ける方法

業者を見分けるもっとも簡単な方法は、「しばらくお茶をしてから、ホテルに行きましょう」みたいに「時間がかかる人間だな」と思わせることです。

デリヘル業者は、回転率が大切なので、時間のかかる客を嫌う傾向にあります。

また、最近の出会い系サイトには、SNSっぽい機能がそなわっている場合があります。そのなかでも大切なのは日記機能です。

サクラやデリヘル業者は、この日記機能を活用していない場合がほとんど。日記に書き込む作業というのは、彼らからしてみたら費用対効果が悪いですからね。

ということは、日記機能が付いている出会い系サイトの場合は、この日記機能からたどっていけば、素人女性と出会える可能性が高まるわけですね。

とくに、日記に「どうでもいいこと」を書いている女性は素人の可能性がかなり高い。

サクラや業者は、「男を釣れないこと」には、労力をさきません。金にならないことをするわけはないんですね。

だから、日記というのは、素人を見分けるのに、とっても有効なのです。

また、デリヘル業者はかならず、自分が指定した場所で待ち合わせをしたがるものです。風俗嬢の待機場所から遠い場所だと、効率が悪くなるからですね。

だから、待ち合わせ場所は、コチラ側で指定することが大切。

そうすれば、美人局の対策にもなりますね。

また、さらに、用心深い人は、会った時に、自分とやりとりしている携帯・スマホの画面を見せてもらうなんていう手もあります。デリヘル業者は、やりとりしている人間と、実際にやってくる女性が別人なので、スマホにはやりとりの記録が存在していないのです。