サクラの常套手段「会えない言い訳」を見分けるポイント

出会い系サイトで、メールでのやり取りは盛り上がっている。でもいつまでたっても会おうとしてくれない、相手の女性。「もしかして……サクラ?」と薄々感づいていても、これって認めたくないんですよね。今まで使ってきた経費が、全部無駄になるということだから。

ただサクラ嬢は手強い。どんなにしつこく誘っても、毎日男性会員のカモを相手に仕事をしているから、そんなやり取りは百戦錬磨。こちらのペースに持ち込んで、実際に会おうと思っても難しいでしょう。

だから時間とお金を無駄にしないためにも、いち早くサクラを見抜くことが、出会い系サイトを利用する上での鉄則です。

何かしらの理由を並べ立てて会う約束を断ってくるサクラの言い訳は、実に巧妙に考えられています。嘘っぽくても突っ込みにくい、ギリギリのラインを狙ってきます。

そこで今回は、サクラ嬢がよく使う言い訳と、それを見抜く方法をご紹介しましょう。

「私、人見知りだから…」は嘘

メールでは会話のスキルもセンスも抜群の彼女。なのにいざ「会おうよ」と誘うと、「まだ恥ずかしい」「もう少し打ち解けてから会いたい」などと人見知りぶるのは、9割方、怪しいと言えます。

その人がコミュニケーション上手かどうかは、実際に対面して会話しなくても、メールの文面だけである程度察しがつくもの。本当に人と喋るのが苦手な人は、メールだってぎこちなく、下手くそなはず。

でもサクラ嬢は、メールで相手の気を引くのが仕事。押して引いてのメールテクニックはお手の物です。きっとあなたも、メールの文面でとても話しやすくいい子だなと感じているでしょう。さすがプロのテクニックです。

こちらのペースに合わせて、興味惹かれるタイミングで、嬉しいメールを送ってくれる。なのに実際会うのは人見知りだから無理、と言い訳しくる女性は…。そう、やっぱりサクラです。

「仕事が忙しくて…」は時間稼ぎ

「あなたとメールをしていると、とても楽しいし、もっと仲良くなりたい…。でも今は仕事がすごく忙しくて、たまの休みは疲れがたまって起きれなくて、なかなか遊びに出る余裕がないんだ…」

誘っても、いつもこの調子。「頑張り屋さんだな」「仕事熱心でいい子だな」とポジティブシンキングしていませんか?その上「忙しくて可哀そうだな」なんて同情までしていませんか?

よく考えてみましょう。あなたとのメールする時間は、たっぷりあるのです。本当に仕事が忙しくて平日寝る暇もなければ、新しい出会いなんて求めませんし、何度もメールの交換なんてしませんよね。

メールの返信を欠かさないのは、サクラのお仕事だからです。メールで相手を引き延ばして引き延ばして、出会い系サイトからお金をいただくため、ただそれだけです。

「ストレスで電車も乗れないし、遠出できないの…」は仮病

「ストレスが原因で心のバランスを崩していて、家からあまり出られない。だから外で会う約束はまだできない」そんな言い訳は、おそらくサクラがよく使う心の仮病でしょう。

あまり深刻な仮病は男性会員に引かれてしまいますが、軽い心身症程度なら相手の同情を誘うことができます。繊細な子なんだなと思わせれば、実際に会う話はまだタブーなんだなという認識を持たせ、メールだけの関係を長く引き延ばすことができますよね。

もし本当に心の病気なら、男性会員の心を引き付ける、テクニック満載のメールなんて作れません。心が健康でないときは、見知らぬ相手とメールすることでさえ、大きな負担になります。

「昨日家族に胃腸炎うつされて…」など感染病のドタキャンは悪質

何度も会う話をされて、とうとうはぐらかすネタがつきてきた頃、サクラ嬢はいったんは会う約束をします。そしていざ当日、やむを得ない感染病を理由にドタキャンするのです。その病名はたいてい、誰もがうつりたくない胃腸炎、インフルエンザなどの大物感染症。ちょっとした風邪程度では、「頑張ったら来れそう」と思われてしまうからです。

ウキウキ心をときめかせて待ち合わせの場所に向かったのに、何時間も待ちぼうけを食らわされたら…たまったものじゃありませんよね。サクラ嬢にとっても、この言い訳は厳しい切り札です。相手が怒って、もしかしたら関係を切られてしまうかもしれないからです。そこまで分かっていてこの作戦を使うということは、もうあなたにサクラかもしれないと感づかれていて、これ以上あなたを引っ張るのは無理だと考えているか、待ちぼうけさせても相手は自分にぞっこんだから、たぶん怒らないだろうと高をくくっているかのどちらかでしょう。

出会い系はサクラを見抜くことから始めよう

大手の出会い系サイトは比較的良質な女性会員が揃っていますが、マイナーなサイトや小規模なところは、女性会員をかさましするためにサクラを投入することも多いのだとか。

出会い系で素敵な彼女を作りたいならば、まずはサクラを見抜く技術を身に着けましょう。サクラ嬢の言い訳を鵜呑みにしないで、辛口判断することが大切ですよ。