「お金貸して」よりもタチが悪い「お金あげる」のお話

「お金貸して」よりもタチが悪い「お金あげる」のお話詐欺にあった人の話を聞くと、「まあ、よくそんな胡散臭い話を信用したね」と思いませんか?

  • 「だまされるほうが悪い」
  • 「だまされるほうにも、欲や下心があったんでしょう?」

たしかにそうですよね。

オイシイ話は何か裏があると思っても、ついだまされてしまう、気が付いたらだまされていた、ということがあります。

出会い系サイトでは、何かにつけて課金を要求する相手や、まだよく知りもしないのに「お金貸してほしいの」という女性は警戒しますよね。

しかし、どうでしょう? 「お金をあげる」というのです。いわゆる逆援助交際ですよね。

「どうしてももらっていただかないといけないお金があって、でも誰でもいいわけじゃなかったの。ずっとふさわしい人を探していて、やっとあなたに出会えたの」

なんて言われたらどうします? 金と女が一度に手に入る「願ってもないチャンス!」と思い、ホイホイ誘いに乗ってしまいませんか?

危険ですよ。詐欺の手口は巧妙です。

出会い系サイトで「お金あげる」は要注意です!

お金をもらおうとしたらこうなった!

ある日あなたのもとに、とてもきれいなお姉さんが現れ、「約束のものを持ってきたの。でもその前に抱いてくれなきゃイヤっ」と言って、ベッドに潜り込んでくる……んなワケはありません!

1.個人情報を持っていかれる

実際は、あなたがお金をもらうための方法を、もったいぶらせながらメールでよこしてきます。

「贈与のために身元がハッキリした人じゃないとダメなの」など言いながら、あなたの個人情報をキッチリ収集していきます。とにかく洗いざらいです。

そして、振込のための銀行口座も聞かれるでしょう。

2.妙なサイトに登録させられる

お金を受け取るための手続きサイト、とかなんとかこじつけて、よく分からない言語で書かれたサイトに登録させられます。登録料やメールでやり取りをするためのポイントを購入させられます。

3.お金をもらうための保証金を請求される

そして、こうした詐欺につきものの「お金をもらうはずなのに、なぜか振り込んでしまう」事態に陥ります。

こうなると、あなたはもう「振り込め詐欺」や、「還付金詐欺」にあってしまう高齢者と同じです。3万円とか5万円とか、けして安くはない金額を振り込むように指示されますが、「このお金はあくまでも『保証金』なので、戻ってきますよ」と説明されることでしょう。

「なんかおかしいな? いや、でも手続きどおりにしているし……、戻ってくるならいっか。それに200万円くれるっていうだから、3万円戻ってこなくても……」

4.女性と連絡が途絶え、大量の迷惑メールが!

3万円振り込んだ後、その女性との連絡が途絶えます。妙なサイトにはつながりますが、何せ謎の言語、どうすることもできません。そのころから大量の迷惑メールが届くようになり、いちいちチェックしていられなくなります。なかには「〇〇請求書」や「△△督促状」などの文字も見えますが、すべて無視。

5.久々に女性から連絡があり、直接会うことに

そんなある日、女性からメールがあり「無事に手続きが済んだので、会ってお礼がしたいのですが」とのこと。あなたは飛び上がって喜び、指定された待ち合わせ場所に向かいます。

待ち合わせ場所はホテルやカフェではなく、普通のマンション。彼女はその入り口で待ってくれていました。「あ、い、いきなりってパターン、ムフフ……」と、モッコリしつつ彼女の案内する部屋に向かいます。

6.彼女の目的はネット商法の勧誘だった

「お金貸して」よりもタチが悪い「お金あげる」のお話案内された部屋は、おしゃれな彼女には似つかわしくない、段ボールがいくつも積み上げられた倉庫のような部屋です。「ん?」と思っていると、彼女は大量の「〇〇水」や「△△石」を目の前に並べ、その効能を朗々と話し始めました。

「あ、そういうことか、勧誘か……」と気づきましたが、「とりあえず彼女と二人になれたのだから、押し倒してでもやってしまおう、こんな勧誘は断ればいいんだし」と思い、適当に話を聞き流すことにしました。

頭の中には、保証金のことがあり、「1回3万円か……、ま、いいか」と思い、相手がその気ならこっちも実力行使よ!と「それは後でいいから、しない?」と襲い掛かったところに、玄関のほうからドヤドヤと3人の強面の男が!

そうです。

この女性は完全にサクラで、強面のお兄さんたちが仕掛けた罠だったのです。結局、保証金の3万円どころでは済まなくなり、女性への慰謝料だの、違約金だの、あれこれ理由をつけ150万円も請求されてしまいました。

もちろん払うお金はありません。この場を切り抜けて、連絡先を変えてしまえば逃げられるかも、と思いましたが、すでに相手には自分の銀行口座まで知られています。

個人情報を使って多額の借金をさせられてしまいました。

そして数か月後、自分の銀行口座が、振り込め詐欺の口座に使われていると、警察より連絡が……。

「お金貸して」よりもタチが悪い「お金あげる」のお話まとめ

怪しい出会い系サイトに登録すると、このような危険な目にあってしまうこともあります。大手の信用できる出会い系サイトを利用し、お金がからむ話には慎重に対処しながら、素敵な出会いを見つけましょう。