サクラや業者にありがちなおかしなプロフィール

imagesサクラや業者は、当然ながら、プロフィールを魅力的なものにします。

たとえばスリーサイズをボン・キュッ・ボンで書いたりするわけです。はっきりいって、普通の素人女性はスリーサイズなんて書いたりしません。

また、あまりにもばっちり写っている顔を不特定多数が見れる場所に掲載したりすることもありません。セクシー過ぎる写真を掲載することもありません。そんな写真を載せなくても普通の写真で女性は十分メールをもらえるのですから。

さらに、「すぐにでも会いたい」ことを匂わせるようなことを書いていたらサクラです。普通の女性は少し不安も感じているので、もしも気が合わなかったらすぐに逃げられるように、あまり積極的なことは書かないものです。

それから、ウソのような話なのに、多くの男性が騙されてしまう例が、「童貞募集とか経験があんまりない男性を募集」なんていうものです。これは、サクラにとっては男性を騙すのに非常に効果的な方法だそうです。決して騙されないようにしてください。

おかしなプロフィールの実例

私が今までに見たことのある、サクラや業者を丸出しのおかしなプロフィールをご紹介したいと思います。

 セックスレスや欲求不満を全面に押し出している

たしかにそういった理由で登録する女性は多いですが、それをわざわざプロフィールに書いてアピールするというのはちょっとおかしいですよね。そういう「すぐにヤレそう」感を出している人がいたらかなり危ないです。

なにしろ、女性はそんなアピールをわざわざしなくても言い寄ってくる男どもの95%はセックス目的なのですから、女性側からアピールする必要は全くないわけですね。

 新大久保で会える人いませんか?など、いきなり場所を具体的に書いている

こちらはサクラというよりも業者に多く見られるケースですね。業者の活動できるエリアというのはある程度決まっているようで(なわばり争いでもあるんですかね?)こっちの都合は無視で、あちらから指定してくることがほとんどです。

 LINEや直アドは仲良くなってからお願いします、的な断りをいれている

サクラにとって一番避けたいことはこういった外部でやりとりされることです。サイトの中でやりとりをしてくれないと、売上が発生しませんからね。

いちいち断るのが面倒なのか、切りだされた時の予防線なのか、こういった文言を入れているケースも有ります。仮に慎重な一般女性だったとしても、わざわざ会えるかどうかもわからない女性にお金を使うより、交換OKな女性を探すのにお金を使うほうがよっぽど賢いです。

 相手に求める年齢や体型などの条件がゆるすぎる

最近ではプロフィール欄に「自分が相手に求めている条件」というものを載せられることが多いです。例えば私でしたら「20代前半から30代前半まで」「体型はスリムから標準まで」「身長は145センチから165センチまで」といった感じで設定しています。真剣に出会いを求めているのであれば、ある程度絞るのが当たり前です。

しかし、サクラのプロフィールというのは「20代前半から60代後半まで」や「スリムからぽっちゃり」「身長150センチから195センチまで」のように…かなり広く設定している場合が多いです。サクラは会うつもりが最初からないので、相手がどういうスペックだろうとどうでもいいわけですから、あえて間口を狭める必要がないわけですね。

 プロフィール文章が超長文だったり突拍子もない

サクラや業者というのは架空のキャラクターをつくり上げるわけですが、そのキャラはほとんど使い捨てになります。なのでその都度いちいち設定を考えるのではなく、コピペで流用している場合がおいいです。

一般的な女性が出会い系のプロフィールに読むのもゲンナリするような長文を書くというのは滅多にありません。そこまで気合を入れて出会い系を利用しようとは思わないからですね。しかし、サクラは気合を入れてメールをかき集めようとしますので、プロフィールにも力を入れます。

あとは年商何億円の女社長ですだったり、夫の遺産で暮らしている未亡人ですだったり、昔はグラビアアイドルやってました!だったり、要するに「男から見て都合のいい女」すぎる場合は要注意です。