「こんな写真はサクラだ!」出会い系でサクラの写真に引っかからないようにする5つのポイント

ここでは出会い系サイトを利用する時にサクラの写真に引っかからないようにする5つのポイントを紹介していきます。

あまりにもうまく行き過ぎたり、自分にとって好都合すぎるものはサクラの危険性大!

客観的な気持ちも意識していないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも!?

具体的にどんな引っかかりやすい写真があるのか見ていきましょう!

1.写真が綺麗すぎる

写真の写りがやたら綺麗で美人すぎたり、可愛いすぎるものはサクラの可能性大です。

そもそもそんなに綺麗だったらわざわざ出会い系サイトに登録しなくても、日常的に出会いがあるはず。

男性は見た目で相手を選ぶ傾向が強いですから、サクラが最も多用する手段です。

騙されないためには変な話、「程よく街にいそうなレベルの美人」を探した方が良いですよ。

2.照明が入った写真

出会い系サイトで間接照明が入っている写真は注意が必要です。この写真は実はキャバ嬢の写真を転用している可能性があるんです!

女性をキレイに見せるためにキャバクラを運営しているサイトは光を飛ばしたり、化粧映えするような撮影を心がけています。そういったものを転用して登録している悪質な業者もあるので、注意が必要です。

3.背景画像が入っていない

女性の被写体だけで背景が全く入っていないものやバックが無地の場合、サクラの可能性があります。

逆に本物の可能性が高いものは、

部屋の背景が写っていること

写真背景は、リアリティを映し出すもの。

例えば、やりとりをして「本物かどうか確認したいので部屋の写真だけでも、もう一度撮ってくれませんか?」とお願いすれば、すぐに写真の真偽が確かめられます。

こういったリスクがあるため、サクラは場所や状況を断定できるような写真は掲載しません。

4.露出が多い写真

これもサクラが多い写真の特徴です。やたらと胸の谷間を見せたり、セクシーな衣装を着ているときは多くの応募させて課金させるのが目的です。

そんな簡単な手に引っかかる人なんていないだろうと、客観的に思うかもしれませんが、「手っ取り早くヤレる女」、「遊べる女」を探している男性もやっぱり多いんですよ。

視覚的に刺激を与えて誘惑する写真はサクラの可能性が高いと思った方が良いです。

5.違うサイトで見たことがある写真を掲載している

出会い系サイトの利用に慣れてくると、複数の写真を見ることになるでしょう。そうすると、「以前、どこかで見たことあるような気がする」という写真に出くわすことがあります。

これはサクラが写真を使いまわしている可能性が高いです。しかも、他のサイトでは違う名前やプロフィールになっていたりすることも……。

数年前の写真を流用すればバレないだろうと考え、使い回していることもありますので注意が必要です。

以上、サクラを見分ける写真のポイントについてご紹介しました。

写真の真偽を確かめるために、違う写真を要求したり、TwitterやFacebook、LINEの連絡先交換をするのも手段です。

写真の信憑性や真偽を確かめるため、違う写真を要望してみましょう!