そもそもサクラはなんのためにいるの?

出会い系とサクラは切っても切れない関係です。でも、どうしてどのサイトにもサクラが存在するのでしょう?

サクラには大きくわけて2種類が存在します。1つはサイト運営者がバイトを雇って女性会員のフリをして男性会員とメールをし、架空のプロフィールで会う気がないのにも関わらずポイントを消費させるための存在。

もう1つはまったく関係のない出会い系サイトの運営者が、よその出会い系サイトから男性会員(つまりカモ)を自分の運営するサイトに誘導するために女性会員のフリをして違うサイトに登録させようとする存在です。いわゆる他サイトの「業者」ですね。

このうち、業者についてはすぐ見分けがつきます。「ここのサイトは使いづらいから…」「あっちのサイトなら画像を送れるから…」などともっともらしい理由をつけて違うサイトに誘導しようとしてくるので、バレバレです。一般女性であればそこまでして連絡を取り続けたい相手であれば、メールアドレスを教えるのが当たり前です。よって、ほかのサイトへ誘導された場合は100%サクラと言い切ってしまっていいでしょう。この手のタイプはサイト運営者にとっても邪魔な存在であり、すぐにアカウント削除されるため、とにかく雑なコピペをばらまくことが多いので見分けるのも容易です。

ただ、サイトが雇ったサクラに関しては決定的な尻尾を掴むまではグレーに見えることも多いです。基本的に「話がうますぎないか?」と感じた場合は警戒したほうがいいでしょう。そもそも、よほどのブスでなければ女性はエッチ相手に困りません。むしろ相手を選ばなければお金をもらえるチャンスでもあります。なのにわざわざ顔も見えない会ったこともない男性にエッチをしてほしい!なんてねだるわけがありませんからね。

出会い系に不慣れな人だところっと騙されてしまいがちですが…出会い系だからといってナンデモアリなわけではありません。まずは常識的に考えましょう。

サクラと出会った体験

ところでわたしはサクラと出会えたことがあります。

スマホを持つ若い女性サクラのバイトってどんな人がやっていると思いますか? 実は大半が若い女性だったりします。

そして他のコンビニバイトなどに比べて時給も高く、拘束時間もある程度自由に選べる上に服装や髪型も不問ですので、音楽や演劇などの夢を追っている女性がしていることが多いです。となると…人前に出ることを夢見ている女性なわけですから、実は結構かわいい子が多かったりするんです。

そのため、一般女性会員よりも「当たり」の確率は格段に高い!

当然、そんなバイトをするくらいなんですからお金には困っているわけですね。なので「あ、サクラだな」と思ったらその場で無視を決め込むのもいいですが、あえて「君の仕事については理解してるつもりだよ。そんな人を騙して得たお金でご飯を食べるよりも、僕がおごるからいいお店にいかない?連絡はこっちにちょうだいね」という感じでメールアドレスでも載せて最後のメールを送りましょう。

当然、サクラの仕事では男性ユーザーと個人的なやりとりをするのは禁止にしていることがほとんどですが、個人的なメールアドレスでのやりとりまでは運営元も把握できません。あとはゆっくりタダでメールを楽しみながら可愛い子と会えるという寸法ですね。

とはいいつつも、これはわたしの出会い系人生でも2回しか成功したことがないレアなケース。やっぱり普通の素人を狙ったほうが確率は高いですね。