出会い系サイトでサクラと援デリ業者を排除する方法

サクラや援デリ業者に多いのは積極的なアプローチです。女性から積極的に掲示板へ書き込みをしている場合は、注意が必要!

特に掲示板で1日複数回書き込んでいる場合は一般人ではなく、サクラや援デリ業者の可能性が高いです。

女性は男性に比べてメールの受信数が多いですから、そんなに何回も書き込まなくてもメールが届いているはずです。

サクラや援デリ業者は騙せそうな男性を探していて、たくさんの男性をターゲットとしています。

最近の出会い系サイトは、掲示板の一覧を見る分には無料のところが多いです。もし同じニックネームをたびたび見かけるなと思ったら、その人はメモしておきましょう。

こういったサクラや援デリ業者は時間問わず書き込みをしていることがあるので、掲示板に書き込みをしている時間帯もチェックしておくと良いでしょう。

例えばプロフィールには「社会人」と書いてあるのに、平日の昼間や朝方など通常の生活ではなかなか書き込みをしないような時間帯に書き込んでいる場合は注意が必要です。

タイトルで誘っている

掲示板の書き込みで男性を誘惑するようなタイトルになっていると注意が必要!
例えば下記のような内容は、サクラや援デリ業者の可能性が高いです。

  • 尽くすのが好きです!
  • 今すぐ会える人募集!
  • 恋人募集中!
  • デートしたいな!
  • どちらかというとMです
  • 今ひまー!誰か連絡ちょうだい!

一般的な女性だと、いきなり出会いに発展するような書き方は通常しません。もうちょっと警戒心が含まれたタイトルが多いです。

  • はじめまして!
  • メル友からよろしく!
  • お友達募集中!
  • こんばんは!

こういったあたりさわりのない書き込みや、いきなり会うことは望んでいないような書き方が多いです。

またサクラや援デリ業者ではありませんが、会える可能性が極めて少ない書き込みもあります。

  • 今電話できる人いる?寂しいです
  • 寝れないから構って!

こういった書き込みは電話やメールでのやり取りを望んでいる女性。

その場限りの暇つぶしや寂しさ解消で募集しているだけなので、実際に会う話に発展させるのは難しいです。

無駄なポイントを消費になってしまう可能性が高いので、違う女性をターゲットにしましょう。

何か言い訳をつけてアドレス交換やLINE交換をしない

いきなりのアドレス交換やLINE交換を嫌がる女性は多いです。

しかし、ある程度会話が弾んで自分のことが伝わっているはずなのに、連絡先交換を拒み続ける女性はサクラや援デリ業者の可能性が高いです。

「メル友から実際に会う友達になって、その後恋人へ発展させたい」と考えている女性なら連絡先交換を拒むことはないでしょう。

サクラの目的は、「相手にポイントを消費させてお金を使ってもらうこと」。サイト上でやり取りしてもらうための言い訳をしてきます。具体的には、下記のような発言をしたら要注意です。

  • 「過去に怖いことがあって連絡先交換はあんまりしたくないんだ。サイト上でのやり取りはダメ?」
  • 「もうちょっと仲良くなってからでもいい?」
  • 「実際に会ってどんな人か分かってから連絡先交換がしたいです!」

このように言われてしまったら、男性も渋々承諾する人が多いです。ただ、この言い訳を受け入れるのにも限界があります。

  • 2週間以上毎日連絡を取り合っている
  • 20回以上メッセージのやりとりをした

上記2つをクリアしていても連絡先交換できないなら諦めた方が良いでしょう。早い場合なら、10回以内のメールのやり取りで連絡先交換できるはずです。20回は遅い場合の最低ラインと考えておきましょう。

写真が自然ではない

写真もサクラや援デリ業者を見分けるのに重要な要素です。写真が異常に加工されていたり、背景を飛ばしている写真は援デリ業者の可能性が高いです。また極端に美人すぎたり、綺麗すぎるのも注意が必要。

キャバクラのサイト画像を転載したり、一般人のブログやツイッター写真などから盗用している可能性があります。

ちょっとその写真が半信半疑なら、「違う写真も見たい」と要求してみましょう。
プロフィール写真を公開するぐらいなら、他の写真を見せることにも抵抗がないはずです。

ただ、こちらも見せないと見せてくれない女性が多いので、そこは思い切って自分の写真も公開しましょう。

そして写真がエッチなものだと、サクラや援デリ業者の可能性が高まります。
胸元を強調したものなどは、一般の人ではあまりいません。

写真を分析するとき、背景に自然なものが写っていると一般人の可能性が高いです。

例えば、

  • どこか観光地などに出かけた時の写真
  • 部屋での写真
  • 友達と写っていて、友達にはハートマークなどで加工された写真

こういった写真なら一般女性の可能性が高いです。また、「そこまで可愛くないな」と思うような女性も業者ではないでしょう。

「やり取りをしてから写真を公開し、その後断られるのは嫌」という女性が、あらかじめ写真公開に踏み切ったと考えられます。

出会い系サクラの見分け方

出会い系サイトを利用する上で、天敵となるのが”サクラ”です。

もちろん、当サイトでオススメしているハッピーメールやワクワクメールを利用すれば、サクラの被害にあうことはありませんが、他のサイトを利用したい方もいるでしょう。

また、他の悪徳出会い系業者が、自分の出会い系サイトへ誘導するためにサクラ行為を繰り返していることも多いのです。

そのため、サクラのいない良質な出会い系サイトと謳われているサイトであっても、他の悪徳出会い系業者のサクラがいることも多く、いかにサクラを上手く回避して女性を探していけるかが出会い系サイトを攻略する上での要となります。

さて、ここではそんなサクラの見分け方や注意点をご紹介していきます。

1.出会い系サイトの”サクラ”とは?

”サクラ”とは、出会い系サイトで出会いを目的とせずコミュニケーションを取ってくる人々を指します。

大半はそのサイトを運営している業者もしくは委託された業者であり、主にポイント制の出会い系サイトで、主にやり取りによりポイントを消化させるために活動しています。また個人情報を聞き出しそれを売買したりなど軽犯罪に利用するケースも。その他、単に相手を騙しそそのかして楽しむだけの愉快犯的なサクラも存在します。

以前は女性を偽った中身は男性のサクラが多かったため文章の癖などで比較的見分けが付き易かったですが、最近は本物の女性がサクラを行う事もあるため、見極めが難しくなってきています。

2.プロフィール写真に注目

サクラを見分ける方法として、まず注目したいのはプロフィール写真です。

プロフィール写真にアップの素顔を堂々と載せている方がいますが、この場合サクラの可能性が高くなります。常識ある女性であれば、不特定多数が観覧する出会い系サイトに素顔を晒す事は避けるものです。はっきりと分かる素顔の写真を載せている方は、サクラやもしくは常識の無い女性と捉えるのが賢明です。

さらにフォトショップなどの画像ソフトによる加工が見られる写真の場合は、さらにサクラの可能性が高くなります。業者がそれように作り上げた画像が、もしくはどこかから拾ってきた画像と判断するのが賢明です。

3.求める条件のハードルが低い

出会い系サイトでは、プロフィール欄などに相手に求める条件が書かれている場合が多いかと思います。この求める条件のハードルが低すぎる女性はサクラの可能性が高くなります。

例えば、「年齢は20歳~60歳」、「年収は100万円~」、「身長の低い人、太っている人が好き」、「性格は真面目な人もいいけどやんちゃな人も好き、クールな人も面白い人も好き」といったようにハードルが余りに低すぎたり、矛盾しているような場合はサクラの可能性が高いです。特に結婚が意識される婚活系の出会い系サイトなどで条件を極度に低くしている場合はサクラの可能性が高いです。

もちろんサクラでなく単に要求スペックが低い女性というケースもありますが、その場合細かく条件を設定せず「特に気にしない」と設定するのが自然な形ですしね。

4.メッセージの返しが早い

どんな時間帯にメッセージを送っても、ものの数分でメッセージが素早く返ってくる女性はポイント消化を狙ったサクラの可能性が高いです。

相手との仲が深まり相手から好意を得ている場合はまた話が変わってきますが、連絡を取ってからまだ数日程度なのにすぐさまメッセージが返ってくる女性はサクラが疑われます。(ただし、最初の数回はお互いの情報を交換したりもするため、サクラでなくとも返信が早くなる事はあります。)

5.際どい質問をはぶらかす

サクラにとって際どい質問は「外部アドレス交換」と「会う約束」です。この2点を極度にはぶらかす場合、相手がサクラの可能性が高いです。

外部アドレス交換

出会い系サイトで仲が深まってくると、メールアドレスやLINEの番号などを交換するのが通例です。(外部でのやりとりを禁止している出会い系サイトは除く)

サクラの場合、ポイント消化が目的ですので外部アドレスを交換すると儲けになりませんし、素性が割れる可能性もあるので極度に嫌がりはぶらかします。

会う約束

サクラは実際に会うことは目的としていませんし、相手が男性のサクラの場合その時点でサクラがばれる為、会う約束についても極度に嫌がりはぶらかします。

仲は深まっているのに「会うのはちょっと……」と濁されたり、「会うならどこがいい、私あそこの場所が好きで……そういえばこの前も友達と……」などと話が脱線してく場合はサクラの可能性が高いです。

6.サクラを手っ取り早く見分けるには?

サクラを手っ取り早く見分ける方法は、ズバリ”画像”です。

例えば「指定のポーズの全身画像を取ってほしい」などと指定した画像を注文してみてください。そういったダイレクトな問いかけが難しい場合は、例えば普段の服装を聞いて、「その服見たいな」などいった形で画像撮影に誘導してみてください。画像はもし相手が男性の場合偽る事ができないため、その時点でサクラが見分けられます。

出会い系サクラの見分け方まとめ

余りに疑心暗鬼になっていると相手が本物の女性の場合、嫌気され上手くいく事も上手くいかなくなってしまう事もあります。

とはいうものの、出会い系サイトにサクラが蔓延している事は事実。出会い系サイトを利用する上では、普段より少々疑った目線でコミュニケーションを取っていくくらいが丁度良いでしょう。

なぜ出会い系は援デリ業者を根絶しないの? サクラの存在が必要な理由

出会い系サイトといえば、切っても切れない問題なのが「援デリ業者・サクラ問題」ではないでしょうか?

利用する男性にとっては、少しでも業者やサクラの噂が少ない出会い系サイトを利用したいところ。

ですが、なぜこれほど悪く叩かれている業者やサクラをサイト運営側は根絶しないのでしょうか?

実は、サクラの存在が男性にとっても必要な理由があるのです。

残念ながら…業者やサクラゼロの出会い系サイトは無いってマジ?

あまり人気のなさそうなマイナー出会い系サイトから、街の看板で広告を打っている大手出会い系サイトまで。その割合に違いがあれど残念ながら、業者やサクラは必ず存在していると言って良いでしょう。

一般的に、業者やサクラでは

  • 出会い系サイト自体が用意している女性客の「サクラ」
  • 一般女性がポイント還元だけの目的で登録している「キャッシュバッカー」
  • 無店舗や個人デリヘルが客として利用している「業者」

の3種類に分けることができますが、特に一人のユーザーとして登録している業者などは出会い系サイト運営側でのチェックが難しいため、たとえ自演サクラを用意していない健全企業でも「絶対に業者やサクラはいない!」とは言い切れないでしょう。

改めて、業者やサクラが男たちから嫌われる理由ですが、やはり男性から考えると業者やサクラはやっかいな存在。

  • サイト内でのメールなど、ただポイントを使わせようとしているだけ
  • いつまでたってもノラリクラリで「YES」か「NO」かわからない
  • やっとアポの約束が取れても、平気でドタキャン。その後、音信不通
  • せっかく会っても早く帰りたそうで、つまらない顔ばかり

結局、会えずにダラダラ購入したポイントを消費するだけに終わってしまったり、会ってもまったく楽しくない時間をすごすハメになったり…。

「出会い系サイトは会うのが目的なんだから、業者でも会えるだけで羨ましい。」なんて声もありますが、やっぱり素人狙いをしたいからこその出会い系…ですよね?

意外?女性にとっては大切な集客ツール的存在だった!

男性にとっては根絶して欲しい業者やサクラの存在ですが、実は女性にとっては大切な存在なのです。

もちろんそれは、ポイント還元のキャッシュバックの話ではありません。

「他にも女性客がたくさん利用しているなら、安心できるサイトかも」

と、一般女性に思わせるのに、業者やサクラの存在は非常に重要なのです!

今では出会い系サイトでも、SNSのようにブログや日記、プロフ写真などの利用が当たり前。

女性も女性を見る機会が格段に増えてきています。

「へー、けっこう私と同じ若い子も登録してるんだ」
「どうみても普通のOLっぽいけど、これなら私も会社バレとか安心かも」
「女性の登録者もそこそこってことは、男性の質も高そう」

といった、出会い系サイトや男性の良さを見極めるのに、女性利用者数がとても大切。

集団行動が得意で、共感や同調の意識が強い女性だからこその考え方かもしれませんね。

これにより一般女性の登録が増えれば、男性の利用客も増える。男女ともに利用者が増えて活気付けば、どちらのユーザーも増えていく…。

このようなロジックがあるからこそ、運営側も業者やサクラをゼロにはしないのでしょう。

男目線で考える業者やサクラとの付き合い方 ~初級・中級編

業者やサクラが一般女性の集客に役立っているとわかれば、一概に悪者というイメージも払拭できますが、本命は一般女性。

やっぱり業者やサクラを避けた出会いをしていきたいですよね?

それならまず、業者やサクラをこちらから避けていく見極めスキルを習得するのが一番!

安心できる大手出会い系サイトを利用するのが良いでしょう。

大手出会い系サイトなら、すでに基盤ができているため集客効果も発揮している状態です。

そのため割合も、一般女性>業者・サクラ となっています。

  • 都心や繁華街や雑誌、サイトでよく広告を見かける
  • 認知度の高い有名なサイト
  • 女性と男性客のバランスが取れている

といったところから見極めて、より業者やサクラが少ない出会い系サイトを活用しましょう。

あえて攻める!出会い系プロが攻める攻略術 ~上級編

また、あえてチャレンジをしたいベテラン出会い系利用者の男性なら、業者やサクラを落とすのも良いアイデア。

  • あまり有名でない出会い系サイト
  • 男女比を公表していなかったり、男性利用者の割合が高い
  • リアルでもネットでも、広告を見かけない

このような新規や弱小出会い系サイトならば、まだ一般女性よりも業者やサクラが少ない可能性大。

普段は避けるのが無難な選択肢である、業者やサクラを落とせたらよりランクアップ感も高まるでしょう。

また、中にはよくわからず迷い込んだお宝一般女性というレアに遭遇できるチャンスも…?!

ただし、基本的に出会い系業者が用意したサクラの場合「会うことは禁止」「個人間での接触はNG」という決まりがあるので、かなり至難の業になります。

ポイントと時間を注ぎ込んだのに全く結果が出せずとも、責任は取れませんので悪しからず。

素人に成りすました援デリ業者が客を取るために出会い系サイトを利用していることが増えている

出会ってセックスしてから、「もしかしたらこの人業者だった…?」という感じの人がいます。

これは、詐欺とは言い切れませんが、素人相手を希望してわざわざ出会い系サイトを使っているのに、プロ・セミプロの人を引き当てて場の流れでホテルまで行かなくてはならなくなったらガッカリしますよね。

最近では、素人に成りすました「援デリ業者」が客を取るために出会い系サイトを利用していることが増えています。この隠れ業者の巧みなところは、初めてその文章を見る人の目からは、いかにも素人らしく見えることです。

例えば、掲示板では簡単に、「昼間〇〇(土地名・駅名)で秘密で会ってくれる人」「暇しています」といった感じに、男性が掲示板を開きたくなるようなタイトルで相手を釣ります。いきなりタイトルに「体が疼いて」「今アソコビショビショなんです」とかいう文言があったら、ドン引きしますよね。

業者もそこのところは知っているので、あえて地味なタイトルを使ってきます。

内容も、「写メは誰かにバレたら嫌だからNG」と断ってくることがあります。素人さんならまあそうか、と納得できるところですが、業者にとってみれば写メを送らないことは大きなメリットがあります。

それは、業者にとって好きな女性を派遣させることができることです。

例えばサイトで、「40代前半女性・人妻・ややぽっちゃり・髪はセミロング」というステータスが表示されていたとします。これを見てまず、男性が思い浮かべるのはAVに出ている似たような女性です。最近は熟女もののAVも充実してきて、年齢や体型がその女性のセールスポイントになっているところがあります。

男性も、せっかく知らない女性とエッチするのですから、出来れば毎度AVでお世話になっているような女性にお相手してほしいと思ってしまうものです。

しかし、ここが大きな落とし穴!

写メのない出会い系サイトのプロフィールは、ハッキリ言えば当てになりません。体重100キロ以上の巨漢女性が自分のことを「私って少しぽっちゃり体型だなあ」と思えばややぽっちゃりになりますし、胸のサイズも本当はAに近いBだけど男性受けするのはC以上からだからCにしておこうかとか、48歳だけど化粧すれば10年若く見えるから30代後半でいいよねとか、自己申告制の出会い系サイトのプロフィールででたらめなことを書く女性は多いです。

これは業者ではなく素人さんにも当てはまることですので、頭に入れておいて下さい。

それで、業者からしてみれば、派遣できる女性のうちそれっぽい人、というのを何人かピックアップして派遣することができます。そのため、複数の男性からお誘いのメールが来たとしても、誰か一人に絞ることなくOKすることができるのです。

複数の男性と会う時には同じ場所でも時間をずらして被らないようにする、同じ時間でも女性の目印を変えて違うホテルを使うよう仕向けるなど、いくらでも業者が一人の成りすまし女性から複数の女性を男性に派遣することができるのです。

メールでは気が付けなかった場合

では次に、会ってからホテルに入るまでに気付くためのポイントです。

会って「さあホテルに行こう」という流れになっても、ホテルに行くまでに別れれば割り切りの料金を払う必要はありません。そもそも割り切りのお金自体不文律のお金の受け渡しになるので、払う義務はないんですけどね……。

待ち合わせの時間

一つ目のポイントとしては、待ち合わせの時間に連絡もなしに5分も10分も遅れてやって来ることです。女性の住所の近くで会っているはずなのにどうして?

その理由は、もしかしたら女性が本当はもっと遠くの場所から来ている可能性があるからです。そのため、時間になっても連絡してこず、会ってから「ごめん、ごめん」だけで済ませるような女性は、まず疑ってかかった方がいいです。

化粧や服装

二つ目のポイントは化粧や服装です。

業者派遣のデリヘル嬢や、個人のセミプロ・プロの人は、派手目の服装で来ることが多いです。「普通の主婦です」って書いてたじゃん! とツッコミたくなるところですが、相手にヘソを曲げられるのを恐れて言えない男性の方が圧倒的に多いです。

特に郊外で会う場合は、過剰な装飾は近隣住民から見られて嫌がるもの。それを恐れないということは何か裏がある可能性が高いでしょう。

土地勘

三つ目のポイントは土地勘があるかどうかです。

女性は事前に行くホテルの場所はよく頭に入っていますが、地元民でない限りそれ以外の情報はあまりインプットしていないケースが多いです。

そのため、「何か変だな」と思ったら、目に見える範囲にない店の名前を言って相手の反応を伺うのもひとつの手です。ただし、これは事前に自分自身がその土地に精通していることが条件になっていますので、なかなか気が付きにくいポイントともいえます。

こうした出会い系の隠れ業者は、お金を払えばちゃんとヤらせてもらえることが多いので、最後までなかなか気が付かないケースがあるということは覚えておいて下さい。

出会い系サイトで悪質なサクラや援デリ業者を見分ける方法

今、若い世代を中心に一大コミュニケーションツールになっている「出会い系サイト」ですが、残念なことに昔も今も悪いことを考える輩は後を絶ちません。女性のふりをしたサクラや援デリ業者や他の出会い系サイト業者の連中もなかには居るのです。

それもすべて必要悪として捉えれば、心の整理もつくのですが、意外と始めたての時期はこういうサクラにコロッと引っかかって散財してしまう、という例が多くあります。

仕組みとしては、出会い系サイトが雇ったサクラが、サイトに登録している男性を見つけ、課金額を増やしていくというシンプルなものです。もちろん、向こうは出会うことにならぬように巧妙に会話を長引かせたり、平気でします。

あるいは、援デリ業者が素人を装って援助交際をしたり、他の出会い系サイトが素人を装って自分の出会い系サイトを誘導しているなんていう場合があります。

そして、会えないままそのサクラや業者に費やした時間と情熱は出会い系サイトへの課金という形で成就するのです。これでは浮かばれません。なんとかしてこのような痛い目に合わない方法を考えたいと想います。

サクラは、基本的にはプロフィール写真の人物(女性)とは違う人が書き込んでいます。

そのため、その女性と出逢えることはまずありません。ですので、本当にサクラかどうか気になったら、顔じゃなくていいから写真をもっと見せて欲しいとお願いすると良いでしょう。

その際に、写真に「コチラが指定した写真」を送ってもらうことが肝要です。

ですから、万全を期すために早めの段階でサクラか否かを判定しましょう。

この作業はかなり大事です。しかも有効です。

また、文体からもわかる事例もあります。普段使わない言葉だと、サクラもミスをするのです。

特に流行り言葉の多用には注意。くどいのもサクラの特徴です。

この場合、常に「相手はサクラかもしれない」とアンテナを張っておくと、わりと良くわかると想います。