出会い系サイトでだまされてしまう人の特徴と、だまされないための注意点

出会い系サイトに登録したいけど、だまされてしまうのではないかと心配になりますよね。

「だまされるほうが悪い」なんて理不尽な声もありますが、そもそもなぜだまされてしまうのでしょうか?

出会い系サイトでだまされてしまう人の特徴と、だまされないための注意点について深掘りしてみましょう。

1.出会い系サイトでだまされてしまう人とは

男女問わず、出会い系サイトでだまされてしまう人の特徴には、

  • 恋愛経験が少ない
  • 人の話を信用してしまう
  • 言いたいことがちゃんと言えない

などがあります。

いわゆる「いい人」で、これらの特徴をご丁寧にプロフィールにも掲載しています。

さらに男性の場合は、

  • がっついている

これも、だまされてしまう人の特徴のひとつです。

とにかく会いたい!とにかくヤリたい!という欲望のあまり、冷静な判断ができなくなってしまいます。

2.だまされやすい人ナンバー1! 「何かにだまされたことがある人」

そして、出会い系サイトでだまされてしまう人の最大の特徴は、何かにだまされたことがある人です。

出会い系サイトでだまされてしまうと、「もう二度とだまされない!」と慎重になる人がいる一方、

  • 「たまたま運が悪かった」
  • 「たまたま体調が悪かった(ので、サクラと見破れなかった)」
  • 「まだ出会い系サイトのことをよくわかっていなかったのでだまされただけ」

自分に都合のいい結論をだしてしまうのです。

これらの人は、「だまされた」と思い切れておらず、その結果、まただまされてしまうのです。

だまされ歴は、出会い系サイトだけではありません。

他の詐欺系、搾取系の被害にあった人も同じです。振り込め詐欺や情報商材詐欺、マルチ商法などの被害にあった人は、立派なカモです。

また、カモ体質、だまされ体質は、詐欺被害だけではありません。

日ごろから、友達や仲間にいいように使われてしまう人、ブラック企業やブラックバイトばかりにあたってしまう人も、だまされることに関しては、かなりポテンシャルが高いと自覚しておくべきです!

3.だまされる人の心理

だまされる人の心理を、さらに深く探ってみましょう。

出会い系サイトでは、出会うまでは相手が見えないネットだけのやり取りになります。

いろいろな情報を交換し合っているように思っても、「顔が見えない」「声が聞こえない」「連絡したいときにだけつながる」という関係は、リアルに比べると、圧倒的に情報が不足しています。

自分はだまされたわけではない

こうした関係の中では、「信じたいものだけを信じようとする心理」が強く働きます。

これは、宗教や洗脳にハマる心理と同じ構造で、薄々、「おかしいな、だまされているんじゃないかな……」、と思っていても、自分に都合のいいように解釈し、「だまされていること」に気付かないでいようとしてしまうのです。

酷くなると、「こんな風に疑ってしまうのは、自分が疑り深いからだ。自分がどうかしているんだ」と思うようになります。

こうなると、心はもはや「だまされたい!」と思っています。

こうした「自分はだまされたわけではない」と思う気持ちを「認知的不協和」と言います。

「自分はだまされない」「だまされるヤツがバカなんだ」と思っている人ほど、「認知的不協和」を嫌い、だまされていることを受け入れにくくなってしまいます。

だます側はこうした心理も巧みに突いてきます。

だまされてもポジティブは要注意!

「結果的にだまされたんだけど、その過程が楽しかったし、学ぶこともたくさんあったし」と、だまされているのに、なぜかポジティブな人っていますよね。

クヨクヨし過ぎるのはよくありませんが、だまされたことをきちんと振り返りもしないで、「楽しかったから」「無駄ではなかったから」と、簡単に考えてしまったり、無理やりポジティブになってしまうのも良くありません。

だまされたけど、その中での楽しさが忘れられない人は、またその楽しさを求めて、だまされると分かっていてもだます相手に近づいてしまいます。

根底あるのは不安や不満、コンプレックス

「自分はだまされない!」や「だまされているわけではない」、「だまされたけど楽しかったからいいんだ」という気持ちも、その根底にあるのは、すべて不安や不満、コンプレックスです。

  • リアルでなかなか出会いがなく、恋愛経験が少ない
  • 仕事が安定せずお金がない
  • 太っていてイケメンではない
  • 三流大学出身
  • 性格が地味
  • 実家が超ド田舎

など、人はさまざまな不安や不満、コンプレックスを抱えています。

それらがない人間はいないでしょう。

しかし、自分でそのことに適切に向きあえていないと、出会い系サイトでもだまされやすくなってしまうのです。

4.もはや性分であり、だまされない人になることは難しい

だまされてしまう心理やその根底にある不安、不満、コンプレックスは、簡単に解消することはできません。

ただし、こうした気持ちに付け込まれやすい、ということは知っておかなければなりません。特に、出会い系サイトは「恋愛コンプレックス」を狙い撃ちされやすいところです。

「出会い系サイトでだまされているかも……」なんてことは、人には相談しにくいことであり、だます側は、そのことも織り込み済みなのです。

では、だまされないようにするためには、どうすればよいのでしょうか?

5.だまされないようにするためには、どうすればよいか

だまされることを前提にしておく

不安や不満、コンプレックスを巧みに突いてくる「だまし」へは、「だまされないように注意する」という心の自衛は効果がありません。

必ず、「でも、今回だけは違うんだ……」という気持ちが勝ってしまいます。

むしろ、「出会い系サイトはだまされることの方が多い」と考えておきましょう。

そして、だまされることを前提として、次の行動をとりましょう。

目的や目標をはっきり持つ

どんな相手(高望みせず、現実的なラインで)と、どんな付き合いをするか、お金や時間をどのくらい使用(投資)するかを、あらかじめ決めておく

最初のメールから積極的な女性は、どんなに魅力的でも相手にしない

どんなにあなた好みで、「絶対にサクラじゃない!」と思えても、相手にしてはいけません。

早い段階で必ずメアドを交換する。電話でのやり取りや直接会う約束を取りつける

声や実態を確認しないまま、メールだけのやり取りを続けると、「自分に都合のいい相手像」ができてしまい、冷静に判断できなくなってしまいます。

不用意に個人情報を出さない

名前や住所はもちろん、「会社の近くの-」や、「よく立ち寄る飲食店」などの話も慎重にしましょう。

だまされても被害を最小にすることを考えておく

「絶対にだまされない方法」はありません。

自分はだまされるかもしれない、と考えておくことと、だまされても被害を最小にすることを考えておきましょう。

もっとも被害をおさえたいのは、個人情報です。気があるように近づいてきた女性を経由して、個人情報が悪徳業者に流れ、良からぬところで使用されないとも限りません。

次はやはり、お金です。出会い系サイトの課金が膨らんだり、別ルートで商品を購入させられた利することがありますが、被害を最小に抑えるためには、使用限度額を決めておくことです。

「○万円までは、だまされてもしょうがない」とし、もしだまされてしまっても、後追いせず、スッパリ諦めるようにしましょう。

だます側の目的は「個人情報」と「お金」です。

事態がこじれない限りは、社会的信用や命を奪われることはありません。

やみくもに人を疑うのは逆効果

露骨に相手を疑ったり、「自分はだまされたくない!」をアピールしすぎるのも良くありません。「だまされたくない」こそ、不安の裏返しで、付け込まれやすくなってしまいます。

出会い系サイトでだまされない方法はありません。だまされる人の心理をよく理解し、「だまされるかも」と思っておくことが、最大の防御です。

ネカマを見破る方法

ネカマを見破る方法出会い系サイトで何が心配かといえば、「だまされてしまうのでは……」ということ。

本当はちょっとブサイクなのに、うまいこと加工した自撮り画像を載せていたり、本当は中年のオバサンなのに若い子のフリをしていたり。

でも、そういうのはまだいい! 絶対に引っかかりたくないのは、本当は男なのに女性を装っている「ネカマ」です!

こっちがその気になっているのを、自分と同じ男が笑ってるなんてことを想像するとゾッとしてしまいます。

出会い系サイトのネカマを見破る方法をご紹介します

ネカマは言葉づかいが古い

ネカマがネット上で女性になりすますためには、まずは言葉づかいを女性風にしなければなりません。声や表情を確認できない状況では、書き言葉が相手の「人となり」をはかる手段になりますが、単に女性口調にしていれば女性と思われるものではありません。

「3年前のクリスマスに失恋して、それ以来クリスマスが近づくと気が重くなってしまいます。」

これは普通に敬語で書いた文章です。これだけでは、男性か女性かは分からないはずです。しかし、一般的に自分の失恋を話題とするのは女性です。

これを少し女性度を上げて書くと、

「実は、3年前のクリスマスに失恋してしまって、それ以来クリスマスが近づくと、なんだか気が重くなってしまうんです」

となります。

しかし、ネカマは女性度を上げようと過剰に演出します。

「私、3年前のクリスマスに失恋したの……。もう超サイテー!最悪~!! クリスマスなんてキライ!なくてもいい! うそピョーン!ホントは出会いがホッシーのっ」

いまどき、このような言葉を使う女性はいません。

このような過剰な女子語(しかも古い)満載の返信や書き込みをみたら、ネカマを疑いましょう。

ネカマはファッション用語が古い

ネカマが露呈してしまうのは、言葉づかいだけではありません。

話題そのものが古く、新しい話題にはついていけない傾向があります。

特にファッションやメイクに関しては、その傾向が顕著にあらわれます。

「タートルネック」を「トックリ」と言ったり、「レギンス」を「スパッツ」と言ったりする人はいないと思いますが、ファッションにはこうした地雷ワードが満載です。

「今日は、おうちでマッタリ過ごしているから、トレーナーにジーパンというラフな格好でーす!」

一見問題ないように思いますが、「トレーナー」も「ジーパン」も若い女性は使わない言葉です。「ズボンのチャック」もそうです。「お気に入りの水玉模様のブラジャー」もそうです。「シマウマみたいなマニキュア」もそうです。

女性であれば、絶対に使わない言葉です。こうした男性にとって違和感のないファッション用語が多い女性は、むしろネカマの疑いがあります。

しかし、もしかするとファッションセンスが古い女性なのかもしれません。

カマをかけようにも、こちらも最新のファッション用語を知らないとなると、カマのかけようがありません。

そのようにファッションに詳しくない男性でもできるカマのかけ方があります。

その方法とは、「女性に洋服のサイズを尋ねる」です。プレゼントの予定でも匂わせて、さりげなく聞いてみましょう。

「7号・9号・11号」で答える女性は、ネカマ、もしくはオバサンです。

いまどきの女性であれば、「普通」と答えるはずです。もしくは「Mくらい」です。

女性の体型もさまざまですが、一般的なお店では洋服のサイズはワンサイズで、MもLもありません。もしくはヨーロッパに多い36・38・40です。

「○○ちゃんってちょっと小柄なのかな?って勝手な想像をしてますけど、洋服は36くらい?」と聞いてみましょう。

「36??…うーん9号かな?」なんて返事が来たら、ネカマ確定です。

ダメ押しの一手!エロ話に飛びついてきたらネカマ

普段のやり取りで、「どうもネカマくさいな……」と思いカマをかけたりしてみても、どうも確信が持てない。もしネカマじゃなくて女性だったら申しわけないし、嫌われてしまうのも嫌だし……。

このままネカマかもしれない人とメール交換を続けますか? すでに情がわいてしまって、離れがたくなっていませんか?

しかし! 相手はネカマ、男性かもしれないんですよ。

ここは勇気をだして、決定的な一手を打ってみましょう。

相手がネカマであるか見破る一手とは「エロい話題の提供」です。

「ねぇ、○○ちゃんは週何回オナニーするの?」なんて質問をブッこんでみましょう。

普通の女性であれば、「激怒」もしくは「そんな話題はイヤだなぁ」と、上手にかわしてくるでしょう。

しかしネカマは違います。そもそもネカマはこうした話題で盛り上がり、男性の自分に対して興奮してしまう哀れな男性をあざ笑いたいという、屈折した性欲があるので、エロ話にはガッツリ食いついてきます。

そしてこの作戦は、話が盛り上がらないときに突然ブッこむと、抜群の効果を発揮します。

「直接会いたい」「電話で声が聞きたい」など、相手がNOと言わざるを得ない質問の直後にブッこむと、ボロを出しやすくなります。

以上、出会い系サイトで「ネカマ」を見破る方法でした。ぜひ参考にしてみてください。

出会い系サイトで出会えない可能性が高い女の5つの特徴

出会い系サイトで出会えない可能性が高い女の5つの特徴出会い系には「絶対に会うのは無理」という女性会員が存在しています。

本日は、出会い系サイトで出会えない可能性が高い女の5つの特徴をご紹介します。

会えない女がわかるからこそ、会える女がわかるのです。ぜひ、こういう女にひっかからないようにして、簡単に会える女を選別する術を身につけてください。

登録から数ヶ月経過している

女性の場合、男性と違ってメールが頻繁に届くので相手に困るという状況は少ないです。多い人だと、1ヶ月だけで100通以上のメールが届くことも!

その内、写真付きの人も3割程度いるため、登録1ヶ月程度で相手を見つけて会おうと考えている女性が多いです。

しかし半年以上も未だにサイト上でやり取りしている女性は、もはや出会いより違った目的を持っている可能性があります。

継続的に男性を求めている人は、たとえば、お水系商売の女性。

例えば、仲良くなった男性に「私が働いているお店に来てね!」と宣伝します。しかし男性は1回店に足を運ぶものの、結局は「客としてしか自分のことを見てくれない」と思い、そこから疎遠になるケースが多いです。

すると女性は出会い系サイトを通じて、また次の男性にターゲットを絞り、やり取りをするという流れが永遠に続きます。普通に出会いを求めている女性は、長期間出会い系サイトを利用するケースは少ないので、これを一つの判断基準として考えるのもオススメです。

最終ログインから1週間以上経過している

女性には頻繁にメールが届きますから、その都度確認していれば最終ログイン時間が更新されます。最終ログイン時間が更新されていないということは、メールすら見ていない状況。

こういった女性には、メール送っても返ってこない可能性が高いです。できれば最終ログインが24時間以上経っていない女性、少なくとも2,3日以内の女性を狙うようにしましょう。

プロフィール検索する時に、「最終ログイン順」に並び替えして検索すれば、最終ログインからの経過時間は簡単にわかります。

最終ログインのほかに、「登録日時」もチェックして新人をターゲットにするのもオススメです。

マイル目的の書き込み

男性との出会い目的ではなく、お金目的で出会い系サイトを利用している女性もいます。出会い系サイトには「マイル」と呼ばれるポイントとは違ったシステムがあり、それが貯まると換金できるようになっています。

男性利用者にはなじみがないものですが、女性利用者を少しでも増やそうという試みから、出会い系サイトではよく利用されているシステムです。

例えば、

  • 男性とメールしたら1回につき5マイル
  • 男性とチャットしたら1回につき5マイル
  • 男性と電話したら1分につき30マイル

などと決まっていて、それが貯まると商品やお金と換金できるというものです。なんだかんだ会うことを拒んで、のらりくらりとメールのやり取りがダラダラ続くようなら、こういった利用目的の可能性があります。

しかしメールだと、あまりマイルが貯まりません。電話の方がマイルが貯まりやすく効率的なため、積極的に電話を利用している女性がいます。

こういった女性に出くわしたら注意が必要です。

掲示板を利用する女性

掲示板を利用する女性も純粋な出会いを求めている女性の可能性が低いです。書き込む人は風俗嬢やキャバクラ嬢などの商売系の女性、割り切りを望む女性などが多くなっています。

割り切りの場合は会える可能性がありますが金銭を要求してくるため、純粋な出会いを望む人には向いていないでしょう。

しかも中には、3万円や4万円を請求してくる人も……。「それだったら風俗に行ったほうが楽しめる」という考えになってしまいますね。

女性の場合、登録間もないタイミングでわざわざ掲示板に書き込みしなくても、プロフィール検索から男性がメッセージを送ってくる可能性が高いです。

もし掲示板に書き込んでいる女性にメールしたい場合は、プロフィールチェックも必ず行うようにしましょう。

エロ系の画像・動画を載せている女性

出会い系サイトで出会えない可能性が高い女の5つの特徴エロ系の画像・動画を載せると、男性からの反応が良くなります。しかし一般人がそれをやると、その画像が悪用される可能性もあるため、実際にやっている人は少ないです。

それでもやっている女性は、キャッシュバッカーか業者の可能性が高いです。

キャッシュバッカーは文中で紹介した換金目的の女性。画像閲覧や画像に対しての評価をもらえるとマイルがもらえるので、わざわざそういったエロ画像・動画を載せている可能性があります。

もう一つは、業者の仕業。たくさんの男性を集客し、それを最終的に有料サイトや課金サイトに登録させようという悪質な業者が存在します。

実際問題、こういった女性とやりとりをして、「他のサイトでチャットしよう!」をなどと勧誘され、登録してしまう男性が少なからずいるんです。

サイト運営側もできるだけこういった女性は排除しようと動いていますが、いたちごっこのような状態になり、また次から次へと悪質な業者登録が後を絶ちません。

エロ系画像・動画は見た目で思わず誘惑されてしまいますが、業者の可能性もあるので注意しましょう。

援助交際を続ける弊害

援助交際をし続けると、男女とも、いろいろと価値観が変わってきてしまって、生活に支障をきたす場合があります。

今回は、男性も女性も、援助交際を続けるとどんな弊害があるのかをまとめてみました。

女性が援助交際を続ける弊害

援助交際を続けていると、女性は、「ただでセックスをするのが損」という感覚が強くなってきます。彼氏ができても結婚をしても、セックスを金銭に置き換える癖ができてしまっているので、心から人を愛せません。セックスを楽しむことができません。

絵を描くのが好きな子供に、絵を描いたことにご褒美をあげ続けると、絵を描くことが嫌いになってしまうそうです。絵を描いたことにご褒美をあげた途端に、子供にとって絵を描くことが、「ご褒美をもらうための作業」になってしまうからですね。

これとまったく同じ構図が、女の子にとっての援助交際なのです。

男性が援助交際を続ける弊害

いっぽう、男性は、援助交際を繰り返していると、女性をお金に変換しはじめます。

  • 「この女は○円くらい」
  • 「この女は綺麗だから○円くらい払わないとダメかな」
  • 「ブサイクだから○円」

もちろん、普段の生活で出会う女性もすべて金銭で変換してしまうのです。

そうなると、女性のことを不当に低く見たり、あるいは、自分のレベルより数段上の女性でなければ、価値がないように感じたりしてしまって、日常生活を楽しむことができなくなります。

若い女の子と遊ぶのが普通になってしまって、同世代との恋愛の絡まない交流がなくなってしまいます。人生が浅はかでくだらないものになっていきます。

もちろん、そういう人生を求めているのなら、止めはしませんが、あまり賢明だとは思えません。

ぜひとも、出会い系サイトを利用するなら、金銭のやりとりを含まない出会いを楽しむことをおすすめします。

そうすれば、あなたの人生はどんどん彩り豊かになり、いっぽうでお金を節約することもできるのです。