本当にあった悪徳出会い系サイト

「悪徳出会い系サイトには絶対騙されたくない!」

なんて思いを抱いているみなさま!

もちろんみんな悪徳出会い系サイトなんかに、引っかかる気は当然ありません。にもかかわらず被害者が出てしまうのが現実……。

そこで実際に存在していた悪徳出会い系サイトの特徴を知ると、回避するためのヒントが見えてきました。

サイトがキレイでおしゃれ

大手の優良出会い系サイトとは違って、いかにもお金をかけていないダサい感じのサイト……というのは昔の話。

今ではワードプレスというオープンソースのソフトウェアを使えば誰でも簡単におしゃれなサイトを作ることが可能です。

特にワードプレスはサイトのテーマカラーやデザインなどセットになって無料でダウンロードすることもでき、簡単に項目を入力したり、画像を差し替えるだけの手軽さ。

ダサいサイト=危険、おしゃれなサイト=安全という時代ではありません。

利用規約や退会方法がわかりにくい

  • 「〇ポイント無料!」
  • 「今だけ限定!」
  • 「キャンペーン実施中!」

こんなお得な期間限定情報を目にすれば、今すぐにでも登録したくなる気分。

ですが、登録前に確認したいのはサービスではありません。利用規約や退会方法こそ、本当にチェックしておきたい部分。

悪徳出会い系サイトの場合、男女の出会いをサポートするのではなく男性利用者からお金を使わせるのが目的。

そのため、酷いものになると利用規約がわかりにくい場所にあったり、退会方法を調べてもわからなかったり…。

中には電話での退会受付にもかかわらず、電話が一切繋がらないなんてことも!?

最近では有名サイトほど、利用規約や退会方法についてだけでなく

  • 初めての人向けの案内
  • よくある質問
  • 問い合わせ先
  • 安全への取り組み

といったコンテンツを作っているので、見極める方法のひとつに使えます。

ポイントの使い勝手が悪い

今の出会い系サイトではポイント課金制が一般的。クレジットカードなどにより資金決済を行い、円をポイントやコインといったサイト内で使う仮想通過に交換し、コンテンツに使っていきます。

大手サイトではポイント購入後、有効期限があるものの半年から一年と期間は長く、使い切れない未消化を防ぐため購入方法も1000円~と設定されているのが一般的。

ですが、悪徳出会い系サイトの場合わずか1か月程度で有効期限が切れたり、最低ポイント購入価格が1万円~となっていたり、使い勝手を無視した状態。

もちろん、これも出会いをサポートするのではなく、お金を使わせるのが目的と考えれば、納得できる部分でもあります。

これらのポイント購入方法や資金決済法については登録前の段階でも確認できます。

「だいたい、どこも似たようなもんでしょ」と終わらせずにしっかり確認するのが大切です。

女性向け広告はサクラ募集ばかり

さらに、広告に手を抜きがちなのが悪徳出会い系サイト。

ですが最近は、ネット向け広告なら雑誌や新聞に比べ安価な値段で出稿できます。そのため、大手出会い系サイトに比べれば劣るものの「見たことも、聞いたこともない出会い系サイトだ」というよりは「どこかで見たことあるから、人気なのかな?」と思わせるくらいのレベルです。

ここで見逃せないのが、男性向けでなく女性向けの広告。

一般的にはレディースコミックや風俗向け求人雑誌などに女性向けの出会い系サイトの宣伝が活用されていますが、悪徳出会い系サイトの場合、ほぼ皆無……。

その代わりにあるのが、キャッシュバッカーやサクラ募集です。

もうひとつのハイエナ…と言っては失礼ですがキャッシュバッカーの女性たちも、本来の出会い系とは目的が違います。

さらに悪徳出会い系サイトとタッグを組む状態になるので、更に倍増状態……。

まぁ、その報酬金を貰う前にドロンされる恐れもありますが、男性陣にとっては、女性向け広告で見極めるのも役立つと言えるでしょう。

個人情報の流用

そして最も怖いのが…突然のサイト閉鎖!

名前やサイトの雰囲気をガラッと変えて、新たに出会い系サイトを展開しているところも多いですがやはりその後、今まで得た個人情報も売り物になるというのは、見逃せません。

最近ではAmazonのマーケットプレイスでも、安い金額で商品を販売するもののその商品が届かない…という詐欺が問題になっています。こちらはAmazonが被害金を弁償してくれますが、本当の目的は個人情報の詐取と言われています。

ただスパムや迷惑メールが送りつけられるのはもちろん、詐欺サイトの連絡先に使われたり、カモリストとして色々な業者に回る恐れもあるのです。

当然、大手出会い系サイトでは個人情報の管理もしっかりしていますが、悪徳出会い系サイトの場合、金になるものは何でも売る!という本音もあるといって良いでしょう。

まとめ

「そりゃそうだ」と思うものから「え?これも?」と感じてしまうものまであるのが、今の悪徳出会い系サイトの特徴でもあります。

大手出会い系サイトは女性の登録者も多い分、ライバルも当然多い。

それなら少しマニアックなサイトで、確実に女性を落としたい……。

もっと安い値段で利用できる出会い系サイトはないのか?

なんて、思いがちですが、悪徳出会い系サイトにはひっかからないように気をつけましょう。