登録を避けたい悪質出会いサイト

悪質出会いサイトに騙されないためには、悪質な出会いサイトに登録しないのがイチバン。

ここでは「こういう出会いサイトは登録を避けたほうがいいんじゃないの?」というポイントをいくつか紹介します。

登録を避けたい悪質出会いサイト

無料!無料!とやたらに記載している

「完全無料!」「登録無料!」「無料ポイント進呈!」など、やたら無料と記載されているサイトは怪しさ満点。無料の裏側には 不当な請求をするための落とし穴が隠されています。

スパムメールを送付している出会いサイト

スパムメール(迷惑メール)を送って宣伝を行っている出会いサイトは利用しない方が安全。スパムメールを送るということは、それだけ会員の確保に苦労しているということですから、サイトの質も知れたもの。出会えるはずがありません。また、ワンクリック登録や電話認証など、さらに悪質な手口を使っているサイトもあります。危険なサイトにむざむざ登録することもないでしょう。

「即H」「即ヤレル」などオイシイ出会いを強調

「即H」「絶対ヤレル」など、オイシイ割り切り出会いが確実と感じさせるようなバナーやキャッチフレーズが露骨に記載されている出会いサイトも近づかない方が身のためです。第一、女性会員はサクラが大半なのですから、ヤレルどころか会える可能性は限りなく低い。それに、客観的に考えてみて、登録している女性(サクラがいないと仮定して)が「即Hしたい」かどうか、サイト運営者が判断できるはずがありません。

ポイント制で後払いを採用している

ポイント制サイトで後払いを採用している場合。マイナスポイントになっているという連絡をしてくれるわけではありませんから、知らず知らずの間に次々とポイントが消費され、気づいた時には高額な請求が届いたというトラブルも数多く発生しています。後払いのサイトは避けたほうが良いでしょう。

利用規約にアヤシイ記載がある

不当な請求をしている悪質な出会いサイトの場合、利用規約で逃げ道を作っていることが多いので、登録前にはまず利用規約をチェックします。利用規約の中に、少しでも腑に落ちない記載があれば絶対に登録しないこと。

サポートセンターからの回答が遅い

不明点を質問した際に、出会いサイト側から分かりやすい、親切丁寧な回答が得られない場合、または返信が一切ないようば場合は登録を避けましょう。このような出会いサイトでは、登録の際のサポートの質は悪いです。

出会い系サイトの業社はどんなことをしているのか。【ペニオク】

悪徳出会い系サイト業社って、出会い系ができなくなったらどんなことをしているのでしょうか。

実は、その多くが、その後、ペニオクに流れたんだそうです。最近、芸能人のブログでのステマで話題になったので、ご存じの方も多いでしょう。

ペニオクをご存知ない方に説明すると、

  • 一定の金額を払うとオークションに参加できる。
  • 入札のたびに手数料がかかる。
  • 商品が安く落札できる。
  • 業者側は、安く商品を提供する代わりに、手数料収入を得る。

というものです。問題は、システムで自動でサクラが入札するようにしておいて、ぜったいに落札できないので、ユーザは手数料だけを払い続けるという業社が多いことですね。

国内では、「激安オク」「みんなのオークション」「エンオク」なんかが有名です。

こういうのってサクラビジネスですから、やっぱり出会い系サイトからの参入が多かったようです。

その様子が、下記の記事で詳細に語られています。

もはや、ペニオクも、大きな問題になり下火に……。次に彼らが手を出すビジネスはいったい何なのでしょうか……。

昨年12月7日に「ワールドオークション」による詐欺行為が明るみになり、芸能界にまで波紋した「ペニーオークション」。その後にタレントのほしのあきや小森純、熊田曜子、ピース綾部などが、自身のブログで“やらせ広告”を掲載していたことが次々と判明し、様々なメディアで取り上げられたのは御存知の通り。そこで、複数の関係者に業者が“ぼろ儲け”できるペニオクの裏側を語ってもらった

ペニオク業者の源流は、出会い系のシステム会社だった – 雑誌記事:@niftyニュース

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20130303-387425/1.htm

出会い系に潜む危険!あなたは悪質サイトに騙されていませんか?

index出会い系というとどうしてもブラックでダーティなイメージをお持ちの方も多いと思います。男性であればサクラや業者による冷やかし・利用料金の巻き上げなどの金銭的な被害に合いますし、女性であれば見ず知らずの男性と密室で二人っきりになることによる暴行、あるいは殺人にまで至るケースも事件としていくつか前例があります。

このサイトでは、そういった自身に被害や危険が及ぶ出会いを避けるにはどうしたらいいのか?という点から、みなさんがより安全で安心できる出会いが出来るよう、お伝えしていきたいと思います。

安全なサイト、危険なサイト

そもそもの話になってしまうのですが、出会い系自体にも安全なサイト危険なサイトがあります。当然なことですが、ここで紹介しているサイトは私自身が実際に確認した安全なサイトのみを紹介しています。その一方で、世の中には危険で悪質なサイトがたくさんあるのもまた事実です。

そういった危険で悪質なサイトの特徴としては「男性目線が重視されすぎている」というものがあります。たとえば出会い系サイトの名前として「即マン!タダヤリ!ビッチが集まるセフレ出会い!」なんてものがあったとしましょう。男からしたら実に魅惑的な言葉が並んでいますよね。それが実現するのなら、我先にと登録したくなります。

ですが、考えてもみてください。セックスするには女性の相手が必要です。では、その女性は「即マン!タダヤリ!ビッチが集まるセフレ出会い!」というサイト名の出会い系に登録しようと思うでしょうか?絶対に思わないですよね?

風俗店がそういう名前なのは別にいいんです。女性は従業員としてその店舗に属しているわけですし、店舗の売上が伸びなければ自身のお給料も上がりません。そのために男性を惹きつけるための刺激的な看板や名前というのは必要になってきますからね。

でも、出会い系ではそんな必要はないんです。むしろ、普通に考えたら女性のほうが不足するわけですから、女性が登録したくなるような看板だったりサイト名にするべきなんですね。そういった「女性目線」が完全に抜け落ちているサイトというのは間違いなく悪質なサイトといえます。

そんなサイトでも登録すれば不思議と女性からたくさんのメールが届きます。よく考えなくてもこれはすべてサクラなわけですね。男を釣るだけ釣って、すべてサクラが巻きあげるというなんとも悪質すぎるサイトなわけです。逆に言えば、サクラがいるから一般女性を集めなくても経営が成り立つので、「女性目線」なんてものはハナから考えていないわけですね。

大事なのはおしゃれなサイトデザインで、女性が登録したくなるような雰囲気を持っているかどうかです。男性からすると物足りなく感じるかもしれませんが、それくらいでちょうどいいのです。

安全な人、危険な人

ですが、安全なサイトだからといって全てが安全とは限りません。なにせ出会い系というのは見知らぬ人と人を結びつけるサービスです。出会い系というのはあくまで場を提供しているだけですので、どんな人と結ばれるかというのは完全に個人の努力や選択次第なわけです。

当然ながら人というのはいろんな人がいますので、安全に楽しく遊べる女性もいれば、危険で楽しくない出会いになってしまう女性もいるわけです。いえ、そもそも女性ですらない場合もありますからね……。

危険な人物としてまず浮かぶのはやはりサクラという存在です。そのサクラの見分け方については先日にお伝えしましたので、詳細はそちらをみていただくとして、そもそもサクラといっても2種類のサクラがいることにご注意ください。

1つはそのサイトが雇っているサクラ。もう1つは違うサイトのサクラが自社サイトの誘導しようとして他社サイトに潜り込んでくるケースです。後者のサクラの場合は見分け方は実に簡単です。

なぜならそのサクラは違うサイトに誘導するという最終目標があるため、その誘導をしてきた時点でほぼ自白しているからです。「あっちのサイトなら写真が送れるから…」「電話で話せるから…」「無料でやりとりできるから…」と、なんやかんやとあれこれもっともらしい理由をつけて、このサイトじゃなくて続きはこっちでしない?なんて誘ってきますが、これは紛れも無く100%すべてサクラです。断言してしまっていいです。絶対に確実です。

そしてもう1つ、サクラではありませんが男性にとって危険な存在として…かなり数は減りましたが、いまだに美人局を仕掛けてくる悪意を持ったカップルというものがまだいます。待ち合わせ場所が人気のない、へんぴな場所だったり、やたらと遅い時間帯を指定してくるような場合は警戒した方がいいかもしれません。

そういう場合はもっと人混みのある場所や時間をこちらから変更を願ってみて、そのリアクションを見てみましょう。普通であればこちらの都合も考慮してくれて考えなおしてくれるはずですが、美人局は恫喝が目的になりますので、変更に応じてくれないことが多いです。あまりにも頑なで、おかしいなと思った場合は避けるのが無難でしょう。

出会い系サイトでのウマイ話?

PAK85_daisukidesu20130208500-thumb-395.jpgauto-4067

出会い系サイトに登録したら⇒気になる人妻に メール送って⇒さっそく返事が来て⇒サクっと会う話になって⇒ドッキング!!!

そんなにウマイ話、あるわけないよぅ(´Д`)

掲示板を見まくって何十通とメールを送っても、誰からも返事が来ない…やっと返事が来たと思ったら業者…慣れないうちはこんなことの連続。

まずは慣れることが大事

コツを掴めば、即アポ可能な相手を見抜けるようになったり、サクラや業者を見抜けるようになったり、どんなメールが効果的なのかがわかるようになったりする(゚ω゚*)これはホント♪
題名を見ただけで、「はいコレ、業者ー!!」ってのがわかるようになる(笑)

つまり、タダで人妻と出会う為には、ある程度の修行が必要ってことになりますなぁ。一刻も早く、いい出会いが欲しいと思う気持ちはよぉ~くわかる。でも、焦りは禁物だ。その焦りが出会いのチャンスを逃してしまうことに繋がるから。

初めのうちは、業者やサクラに騙されるのも勉強だと思えるくらいの余裕を持って欲しい。その苦い経験が、きっと生かされてくる時が来るからね( ゚∀゚)!!完全無料・無料ポイント付きの出会い系サイトなんてそこらじゅうにあるんだから、いろんなサイトを見て研究してみればいい。だって、タダだもん☆

逆援助って実際、どうなの?

ありていに言ってしまえば、逆援助を持ち掛けてくるメールというのは100%ウソと言ってしまっていいでしょう。

ただ、逆援助という形態自体は実在していると思います。その場合にいたるとしても、いきなり具体的な数字を提示して抱いてくださいなんてメールはまず来ません。
だって、考えてもみてください。
今すぐセックスしたいと思った時、男性なら道行く女性に声をかけたとしても
よほどのイケメンでなければ相当に難しいですよね。
しかし、女性であれば中の下くらいの容姿であればホイホイとついてくる男性が多いと思いませんか?

要はそういうことなのです。
女性がお金を払ってまでセックスをしたいときというのは
相手に相応のステータスがある場合に限るのです。

逆援助に限らず、サクラか?と思った時、大抵の場合はサクラです。
しかし、稀にサクラではないケースもあります。
それはやりとりの相手が外国人だった場合ですね。

外国人といっても…いわゆる金髪の白人美人なんてのはまずいません(笑)
ほとんどは中国人か韓国人…もしくは東南アジア系であることが多いです。
まじめに出会いを求めている人も中にはいますが
たいていは「割り切り」での出会いを求めているようですね。

メールがカタコトだったり、日本語がおかしかったりするのですぐわかります。
容姿やスタイルが好みであればそのまま合意してもいいかもしれませんが
やはり「サービス」という面では劣ることが多いようです…。
その分割安ではあるので、値段相応と言った感じかもしれないですね。

ただ、気をつけたいのは「体臭」が会うまでわからないこと。
ずっと日本で日本人に囲まれて暮らしているとわかりにくいことではあるのですが
あちらの大陸系の人には独特の体臭が強い人がいたりします。
それが気になってエッチどころではなかったという声も多く聞かれますので…。
まあ、それも異文化交流ということで、いい経験になるかもしれませんね。