援助交際の「ホ別イチゴ」は妥当な値段か?

人間には、どんな行為に際しても、自分のしていることは正しいことなのだ、と思いたがる傾向があるそうです。

買い物であれば、自分の払った金額は、適正だったのだと思いたいわけですね。高額な商品を買った時ほど、この思いは強くなるそうです。

高額商品の代表的なものとして、マンション、乗用車などが挙げられますが、こうしたきちっとした価格表が出来ていて、公示されているものでさえそうなのです。

そして買い物をした後は、暗示でもするかのように、自分の判断は正しかったのだ、自分の払った金額は適正なものだったのだと、思おうとします。

その暗示期間は車で一ヶ月、住宅だと1年に及ぶとも言われています。

では、女を買う場合はどうでしょうか。援助交際は、女を買うことに他なりません。まず、自分の払おうとしている金額が適正なものであるかどうかを確かめなければ、援交は出来ませんね。

相場と言われている金額の妥当性を検証してみましょう。

ユーザーとして買い物を正当化したい気持ちは援交も同じ

自分の買い物を正当化したい気持ちは、援助交際で女の子を買う際も変りません。金額の多寡とは関係なく、自分の払った料金は適正だったのだ、と思いたいものなのですね。

しかし、援助交際の相場はあってないようなものですから、果たして自分が買おうとしている女の子は高いのか安いのか、自問自答するしかありません。

好きでしていることだから、金に糸目はつけないという、豪奢な方もいらっしゃるかもしれませんが、「趣味の値段」が真面目に議論される時代です。

援助交際で女の子に渡すお小遣いでも同じく、趣味であれその値段は気になるはずです。

自分の買い物を正当化するためにも、現在の援助交際相場の妥当性を見ていきたいと思います。

ホ別イチゴは妥当か?

流行語大賞が取れそうな語呂のよさを感じさせる「ホ別イチゴ」とは、援助交際の相手を探す際、出会い系サイトの”すぐ会える”掲示板上で交わされる隠語であることは言うまでもありません。

ホテル代別1万5千円を意味するホ別イチゴの語呂のよさはともかく、援助交際でもっとも一般化しているこの料金体系に、妥当性はあるのでしょうか?

そこで、歴史的な売春価格を少し調べてみました。

赤線時代のチョンの間料金はホ込イチゴ

戦後間もない頃、日本各地に赤線と称する、政府公認の売春地帯が存在しました。

ちなみに赤線は、日本が第2次世界大戦で無条件降伏したため、国内に進駐軍が居座ることになり、外国人兵士による日本人女性へのレイプ事件が懸念されたため、それを未然に防ぐために作られた進駐軍のための慰安所です。

ところが、赤線は衛生状態があまり良くなかったことから、部隊内に性病が蔓延することを恐れた米軍が、兵士へ赤線利用を自粛するよう通達を出しました。

結果として赤線は、もっぱら日本人男性の買春施設として、1956年まで存在するようになったのです。

赤線では泊まることも出来れば、チョンの間と称して1時間程度の遊びで済ますことも出来ました。

その頃の赤線のチョンの間料金は500円といわれています。当時の物価で電車の初乗り運賃は5円。現在は140円になっていますから、およそ28倍です。当時500円だったチョンの間料金を28倍すると1万4千円になります。

赤線の多くは売春防止法が施行された1956年以降、ソープ街などに鞍替えして延命を図りました。東京の吉原がその例です。

しかし、京都にはつい最近まで、赤線時代の売春街がそのまま生き延びていた街がありました。そこでのチョンの間料金は40分間1万4千円でした。

つまり60年近く前の基本料金が、その後の物価のスライドに応じてほぼ維持されていたわけです。

ホテル代を別にして、1時間程度のプレイ代金が1万5千円となる、ホ別イチゴの妥当性が見えて来ます。

1時間1万5千円は歴史的に見て妥当な値段

赤線では、基本的に売春婦さんの部屋で行為をしていました。売春婦さんは、住み込みもいれば通いもいました。

売春婦さんの部屋は通常三畳一間程度で、決して広くはありませんが、お風呂なんかは別に設けられていました。

ただ、掲示板上での隠語に変換すれば、「ホ込イチゴ」に近いニュアンスかもしれませんが、その部屋で一日に数人の客を引く営業スタイルに、米軍が衛生上疑問を呈したことは歴史的事実ですから、現在のラブホの設備と当時の赤線建築では比較できません。

それで、あくまで行為の部分に着目してそれをする部屋代を切り離して考えますと、イチゴに関しては極めて妥当な料金であることが、歴史的に理解できます。

したがって、ホテル代が別途かかる「 ホ別イチゴ」なら、高い買い物でも安い買い物でもなく、あとは相手の女の子次第ということになると思えばよいのではないでしょうか。

以上で現在の援交相場の妥当性がご理解いただけたら、援助交際もしやすくなったことと思われます。ホ込イチゴなら、その買い物は適正だからです。

出会い系サイトに出没するサクラを見分けるポイント

自分の生活の中でなかなか異性との出会いがないと、「なんだか世界で一人ぼっち……」みたいな気になってしませんか?

そんな淋しいあなたにとって、出会い系サイトはとても簡単に利用ができて、かなりの高確率で気になる異性と出会える場所なのですが、出会い系サイトには「サクラ」といわれる危険なトラップがあるので、注意が必要です。

出会い系サイトにおけるサクラの被害は、出会い系サイトが流行り始めた頃からジワリジワリと増えてきて、いまや年間2万件以上の出会い系サイトにかかわる相談やトラブルが、国民生活センターに寄せられています。

なかにはこういった公的機関や警察に相談をせずに、黙って泣き寝入りをしている人も相当数いると考えられていますので、サクラに泣かされる人は本当に多いんです!

出会い系サイトを利用する場合にはサクラの危険性やサクラの特徴、一般会員との見分け方をしっかり理解して対処しましょう。

出会い系サイトのサクラは何故危険?

そもそも、「サクラ」とは何なのでしょうか?

一般的なサクラとは、お店などにやとわれてお客さん達の間に素知らぬ顔で紛れ込み、商品がいかに売れているか、いかに多くのお客さんが求めているのかをアピールすることでお客さんの購買意欲をそそる、ニセのお客さんのことですね。

出会い系のサクラの同じニセのお客、つまり会員で、普通の会員の中に紛れ込んでそれっぽいメールを送り付けて、サイトのポイントを大量に購入するように仕向けたりします。

こういったサクラは個人よりも業者がやっていることが多く、少ない人数で大量のメールをばらまいて、大きなお金を出会い系サイト利用者からふんだくっていきます。

お金以上に怖いのは、個人情報を狙っているサクラです。

こういったサクラは何食わぬ顔で真面目な出会い系サイトに紛れ込み、いかにも「あなたに興味があります」という雰囲気でさまざまな質問をして、名前や生年月日などの大事な個人情報を巧みに引き出し、て架空請求などの悪質業者に転売をしてしまいます。

出会い系サイトに登録して安易にサクラに引っかかってしまうと、訳の分からない請求が来たり、「裁判にされたくなければ、金を振り込め」なんて脅しのメールが来て、ひっきりなしの電話やメールに悩まされる可能性が!

基本的に、どんなにしっかりしている優良な出会い系サイトでも、サクラを排除することはできません。

出会い系サイトを利用する場合には、「必ずサクラはいる」と考えて、自分でサクラに引っかからないように対策を立てていきましょう。

出会い系のサクラを見分けるポイントと危険回避のコツ

「サクラは危険」といわれても、「じゃあ、一体どんなのかサクラなんだ?」って思いますよね。

まず出会い系サイトに登録をします。

すると、その瞬間から大量のメールが届き始めます。

「おおっ!もしかしてモテモテ!?」なんて思ってはいけませんよ。

これは全てサクラです。

マジメな出会いや婚活を求めるサイトには、どんな人物かもわからない新規登録者にすぐメールを送ってくるような不用意な会員はいません。

サクラにとって新規登録者はまさにネギを背負ったカモなので、たくさんのサクラから熱心なメールが届きますが、こういった登録後のメールには、「○○さんのプロフィールを見て…」なんてそれっぽいことが書いてあろうとも、絶対にコンタクトを取らないようにしてくださいね。

登録直後に来る大量のサクラメールはそのまま無視していると徐々に減少しますが、いろいろな異性と連絡を取り合う最中でも、もちろんサクラはメールを送ってきます。

次の6つの特徴に注意して、普通のお誘いとサクラのメールをしっかり見分けていきましょう。

出会い系サクラ6つの特徴

1.メールを交換しても、会話がちぐはぐなことが多い

サクラはプログラムなどを使って大量のメールを返信しているので、何となく会話がかみ合わなくなることが多いです。

2.ポイントが無くなりそうになるとメールがくる

こっちのポイントが減ってきた時に、「あなたが気になるので、頻繁にメールしませんか」なんてメールがきた場合には、ポイント購入を狙ったサクラを疑いましょう。

3.デートのドタキャンが多い

せっかくデートにこぎつけても、直前になって「会えない、もっとメールで知り合ってから」というキャンセルが1度でもあったら、サクラの可能性があります。

4.体の関係をほのめかす文面が多い

男性向けの会員に多いのですが、真面目な出会い系のサイトで女性側からちょっとエッチなメールがくる場合には、サクラの可能性が高いです。

5.「失恋した、慰めて」系の文面が多い

少し傷ついている真面目な男性をアピールしているメールは、女性の優しさに付け込んだサクラの可能性があります。

6.やたらと職業やラインアドレスを聞いてくる

「あなたのことが知りたいの」なんて言っても、個人情報を狙ってくるメールにはまずサクラだと疑ってかかりましょう。

もしこういったサクラのメールがきたら?

一番良いのは、もちろん無視することです。

相手だってプロですから、一度でもメールを返せばあの手、この手で訴えて、長々とメールを引き延ばそうとしますので、一切連絡を絶つことをオススメします。

サクラの被害にあわないためには、「自分はサクラには引っかからない」とか、「この人はサクラじゃない」という安易な思い込みを捨てることが大事です。

サクラで嫌な目を見て、大事な出会いのチャンスをなくすことがないよう、出会い系サイトを利用する場合には自分で自分の身を確実に守っていきましょう。

【出会い系サイト初心者必見】騙されない利用の仕方を熟知しよう!

出会い系サイトは、誰でも簡単に利用することができる恋愛ツールの1つです。

職場に男性しかいない・仕事が立て込んでいて恋愛をしている暇がない・女性が苦手など、なかなか恋愛に積極的になれない男性も気軽に女性と出会うことができるのです。最近では出会い系サイトを通しての男女の出会いは、ごく当たり前のことになっていますので、ぜひみなさんも積極的にご利用になってみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、出会い系サイト初心者必見!騙されない利用の仕方をまとめてみました。サクラ女子なんかに騙されないで、ステキな出会いをゲットするためにきちんとかくにんしていきましょう。

1、何だかんだ大手出会い系サイトに勝るものはない!

「どこの出会い系サイトにしようかな?」「たくさんあってよく分からない」という男性も少なくありません。

出会い系サイト初心者の方なら、誰しも迷ってしまうはずです。

色々な口コミサイトや実際に出会い系サイトを利用している友達に聞いてみるなど、さまざまなリサーチ方法があると思いますが、やっぱり一番安心できるのが【大手出会い系サイト】です。

利用者数が多いので、出会うことができる女性の数がたくさんいるだけではなく、サイト運営会社もしっかりしているところが多いのです。

運営会社としても利用者数が自然と多くなれば、悪どいことをせずにきちんと儲けられるので、大手出会い系サイトの方がサクラ女子に引っ掛かりにくいと言われています。

大手サイトならきちんとしたシステムも確立されていますので、騙されることはほとんどないでしょう。ですから、出会い系サイト初心者の方こそ、出来るだけ規模の大きい会社のサイトを選ぶようにしてください。

2、好き・愛してる・会いたいのLOVEワードに注意!

出会い系サイト初心者の方の中には、恋愛に疎い人も多いと思います。

恋愛経験があまりない方が、引っ掛かりやすいのが「好き」「愛してる」「会いたい」などの甘い言葉の数々です。

相手が本気で言ってないと思っていても、何度も言われているうちにいい気分になってしまうのです。

しかしながら、そのようなLOVEワードを簡単に使いこなしてしまう女性には要注意!アルバイトとしてあなたにメールの返信をしているだけかもしれませんし、サクラ女子ではなくても出会い系サイトの利用に慣れている女性なのかもしれません。

出会い系サイト初心者の方は、このようなマジックにかかりやすい傾向にあるので充分に注意するようにしてください。

3、出会い系サイトを利用するなら、粘り強く!

「出会い系サイトを利用すれば、すぐに可愛い女の子をゲットできるんでしょ?」「メールのやり取りが面倒くさいから、すぐにでもデートしたい」などと、出会い系サイト初心者の方は何かと焦ってしまう傾向にあります。

でも、そんな使い方では女性は逃げていくだけです!出会い系サイトを通して、確実にステキな出会いをゲットしたいなら、とにかく粘り強く焦らないことが大切です。
粘り強くサイトを利用するために、以下のことを守りましょう。

  • 面倒くさいなぁと思っても、毎日こまめにメールを返信すること
  • メールや電話でのやり取りは、3ヶ月ほどがベスト
  • すぐに会いたいと言わない。体目当てだと勘違いされて、女子は逃げていく
  • 相手のメールの返信スピードに合わせる
  • 相手の話をきちんと聞いてあげる

少々面倒に感じるかもしれませんが、顔を直接合わせない段階でのコミュニケーションは、このくらい慎重にするのが良いでしょう。出会い系サイト初心者の方は、上記のことをきちんと心得た上で、利用なさってくださいね。

焦らずゆっくり関わっていけばいくほどに、サクラ女子に引っ掛かりにくくなりますよ!

出会い系サイト初心者のみなさん、いかがでしたか?

出会い系サイトは、利用方法次第で最高の恋愛ツールにもなりますし、騙されてしまう恐い恋愛ツールにもなります。

ですから、とにかく焦らないで出会い系サイトの評判や口コミ評価、実績などを見極めていくと共に、女性の質も見抜いていくことが大切です。

ぜひ、積極的に出会いの扉を開いてみてはいかがでしょうか。

初心者は、出会い系サイトではココに注意!

出会い系サイトで楽しく遊びたい!割り切りの出会いをしたい!と思って登録しても、思ったような女性が見つからなかったり思わぬトラブルに巻き込まれたりすることがあります。

具体的には本気の恋愛を求める女性からストーキングを受けてしまったり、サクラに引っかかってしまう事例です。

初心者の方は特に、そういうことを避けるために何に注意したらいいのでしょうか?

とにかく自分のプロフィールを考える!

笑顔で写りのいい写真を載せて良い職業と誠実そうな言葉を書けば、出会い系サイトでは多くのメッセージをもらえます。

色々な女性を検討したい男性はそれが便利なのですが、ここであまりいいことを書いてしまっては相手に執着される原因になります。

割り切りの遊び相手を探したい場合には、適度に軽いプロフィールを作りましょう。

「真面目なお付き合いを希望します」と書いた方が女性からの評判はよくなりますが、後で自分の首を締めることになりかねません。

写真はいいものを載せた方がいいですが、文言には気をつけましょう。

ここでは「気が合えば遊びましょう」「会ってみて楽しければ付き合いましょう」など、抽象的な条件をつけておくことがコツです。

もし女性とやり取りをしていて気が乗らなくなった時でも、最初にそう書いておけば連絡を絶っても不自然ではありません。

相手の女性は「気が合わないと思われたのかな」「会ったけど楽しくなかったのかな」と反省するので、それ以上しつこくされる可能性は低くなります。

ここであまり具体的に職業を書いてしまうと、「それなら土日は休みでしょう?」など意外と相手が詳しかったりすることがあります。

職業ができるだけボカして書く、業種は近いけど異業種を書くなどしておきましょう。

相手のプロフィールとメッセージを分析する!

サクラを見分けるにはテクニックが必要です。プロフィールはまずしっかりチェックして、矛盾がないかを分析しましょう。

あまりに条件が良すぎたり、写真がキレイすぎたりすると要注意です。ネットに落ちている美人の女性の写真を、業者が勝手に使っている可能性があります。

最近は写真を加工するアプリがあるので見分けるのは難しいですが、ポーズを取り慣れているような女性はもしかすると実在しないか、写真を勝手に使われているモデルさんだったりします。あまりにエッチな写真はもちろんNGです。

何に使われるのか分からないのにエッチな写真をネットに載せるのは、それだけでお金をもらっていると考えるのが普通です。自然な姿勢・表情であるかどうか確かめましょう。

条件では、リアルの世界で男性に不自由しなさそうな条件なのに(若い・スタイルがいいなど)出会い系に登録しているのは、不自然だと考えるべきです。

「モテそうなのになんで登録したの?」と聞いてみて「全然モテないですよ~」くらいしか答えないのであれば、そのプロフィールは嘘かもしれません。

メッセージのやり取りでも、前回にどういうことを言われたかを気にしておく必要があります。そこで矛盾を見つけることができるからです。

業者のサクラであればあなたの言ったことはメモしてあるので、ここでは相手に質問したことへの回答から見分ける方がやりやすいです。

「前回言っていたことと違う」と感じたら質問し直すことも大事ですが、相手は有料メッセージのやり取りを長引かせることが目的の場合もあるので、信用出来ないと思ったらきっぱり手を引くことも重要です。

可愛すぎる・過激なセリフに惑わされない!

「実はエッチが大好きなんです」「優しくされたらすぐについていっちゃうタイプです」などと言われると、男性側は盛り上がってしまいますよね。

けれどこれも、サクラの女性の常套手段だと言えます。普通の女性は、よっぽど仲良くならない限りここまでの発言はしません。

男性が喜ぶセリフを知り尽くしているサクラだからこそ、あなたを喜ばせるセリフを初期のうちから連発してきます。これに引っかかってしまう初心者の方が多いです。

けれど早い段階からキワドいセリフや落としやすそうな様子を見せる女性は、サクラである可能性が高いです。

やり取りをするのは楽しくても、その間も料金が発生していると考えると、ただ業者を儲けさせているだけです。

早く会いたがる女性も、不自然だと考えた方がいいでしょう。一般の女性なら、出会い系サイトを使っていても犯罪に巻き込まれることを恐れて警戒しているのが普通です。

「どうして出会い系サイトを使っているの?怖くないの?」などと質問して、きちんとした回答ができない女性は避けた方が無難です。

実際に会う約束をするにも、最初からディナーや二人きりのドライブを希望する人は怪しいです。普通の女性なら、自分の安全を考えて人目が多い場所で昼間に会いたがります。

女性が急にこちらに都合のいいことを言い出すより、少しくらいは警戒している方が自然なのです。

まとめ

ここまで書いてしまうと、サクラが怖くなって出会い系サイトを使う気がなくなってしまうかもしれませんね。

けれど、基本的にハッピーメールのような大手出会い系サイトには、サイト側が雇ったサクラは存在しません。気をつけなければいけないのは業者だけ。

目立っているプロフィールや不自然な写真は業者である可能性が高いというということだけは注意しておきましょう。それは、出会い系サイトで客を盛り上げるためのサービスの一環でもあるのです。

サクラ女性の甘い言葉に惑わされず、適度に遊べる関係の女性を見つけるには、男性はかなり頭を使わないといけないということです。

「こんな写真はサクラだ!」出会い系でサクラの写真に引っかからないようにする5つのポイント

ここでは出会い系サイトを利用する時にサクラの写真に引っかからないようにする5つのポイントを紹介していきます。

あまりにもうまく行き過ぎたり、自分にとって好都合すぎるものはサクラの危険性大!

客観的な気持ちも意識していないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも!?

具体的にどんな引っかかりやすい写真があるのか見ていきましょう!

1.写真が綺麗すぎる

写真の写りがやたら綺麗で美人すぎたり、可愛いすぎるものはサクラの可能性大です。

そもそもそんなに綺麗だったらわざわざ出会い系サイトに登録しなくても、日常的に出会いがあるはず。

男性は見た目で相手を選ぶ傾向が強いですから、サクラが最も多用する手段です。

騙されないためには変な話、「程よく街にいそうなレベルの美人」を探した方が良いですよ。

2.照明が入った写真

出会い系サイトで間接照明が入っている写真は注意が必要です。この写真は実はキャバ嬢の写真を転用している可能性があるんです!

女性をキレイに見せるためにキャバクラを運営しているサイトは光を飛ばしたり、化粧映えするような撮影を心がけています。そういったものを転用して登録している悪質な業者もあるので、注意が必要です。

3.背景画像が入っていない

女性の被写体だけで背景が全く入っていないものやバックが無地の場合、サクラの可能性があります。

逆に本物の可能性が高いものは、

部屋の背景が写っていること

写真背景は、リアリティを映し出すもの。

例えば、やりとりをして「本物かどうか確認したいので部屋の写真だけでも、もう一度撮ってくれませんか?」とお願いすれば、すぐに写真の真偽が確かめられます。

こういったリスクがあるため、サクラは場所や状況を断定できるような写真は掲載しません。

4.露出が多い写真

これもサクラが多い写真の特徴です。やたらと胸の谷間を見せたり、セクシーな衣装を着ているときは多くの応募させて課金させるのが目的です。

そんな簡単な手に引っかかる人なんていないだろうと、客観的に思うかもしれませんが、「手っ取り早くヤレる女」、「遊べる女」を探している男性もやっぱり多いんですよ。

視覚的に刺激を与えて誘惑する写真はサクラの可能性が高いと思った方が良いです。

5.違うサイトで見たことがある写真を掲載している

出会い系サイトの利用に慣れてくると、複数の写真を見ることになるでしょう。そうすると、「以前、どこかで見たことあるような気がする」という写真に出くわすことがあります。

これはサクラが写真を使いまわしている可能性が高いです。しかも、他のサイトでは違う名前やプロフィールになっていたりすることも……。

数年前の写真を流用すればバレないだろうと考え、使い回していることもありますので注意が必要です。

以上、サクラを見分ける写真のポイントについてご紹介しました。

写真の真偽を確かめるために、違う写真を要求したり、TwitterやFacebook、LINEの連絡先交換をするのも手段です。

写真の信憑性や真偽を確かめるため、違う写真を要望してみましょう!

出会い系に潜む危険!あなたは悪質サイトに騙されていませんか?

index出会い系というとどうしてもブラックでダーティなイメージをお持ちの方も多いと思います。男性であればサクラや業者による冷やかし・利用料金の巻き上げなどの金銭的な被害に合いますし、女性であれば見ず知らずの男性と密室で二人っきりになることによる暴行、あるいは殺人にまで至るケースも事件としていくつか前例があります。

このサイトでは、そういった自身に被害や危険が及ぶ出会いを避けるにはどうしたらいいのか?という点から、みなさんがより安全で安心できる出会いが出来るよう、お伝えしていきたいと思います。

安全なサイト、危険なサイト

そもそもの話になってしまうのですが、出会い系自体にも安全なサイト危険なサイトがあります。当然なことですが、ここで紹介しているサイトは私自身が実際に確認した安全なサイトのみを紹介しています。その一方で、世の中には危険で悪質なサイトがたくさんあるのもまた事実です。

そういった危険で悪質なサイトの特徴としては「男性目線が重視されすぎている」というものがあります。たとえば出会い系サイトの名前として「即マン!タダヤリ!ビッチが集まるセフレ出会い!」なんてものがあったとしましょう。男からしたら実に魅惑的な言葉が並んでいますよね。それが実現するのなら、我先にと登録したくなります。

ですが、考えてもみてください。セックスするには女性の相手が必要です。では、その女性は「即マン!タダヤリ!ビッチが集まるセフレ出会い!」というサイト名の出会い系に登録しようと思うでしょうか?絶対に思わないですよね?

風俗店がそういう名前なのは別にいいんです。女性は従業員としてその店舗に属しているわけですし、店舗の売上が伸びなければ自身のお給料も上がりません。そのために男性を惹きつけるための刺激的な看板や名前というのは必要になってきますからね。

でも、出会い系ではそんな必要はないんです。むしろ、普通に考えたら女性のほうが不足するわけですから、女性が登録したくなるような看板だったりサイト名にするべきなんですね。そういった「女性目線」が完全に抜け落ちているサイトというのは間違いなく悪質なサイトといえます。

そんなサイトでも登録すれば不思議と女性からたくさんのメールが届きます。よく考えなくてもこれはすべてサクラなわけですね。男を釣るだけ釣って、すべてサクラが巻きあげるというなんとも悪質すぎるサイトなわけです。逆に言えば、サクラがいるから一般女性を集めなくても経営が成り立つので、「女性目線」なんてものはハナから考えていないわけですね。

大事なのはおしゃれなサイトデザインで、女性が登録したくなるような雰囲気を持っているかどうかです。男性からすると物足りなく感じるかもしれませんが、それくらいでちょうどいいのです。

安全な人、危険な人

ですが、安全なサイトだからといって全てが安全とは限りません。なにせ出会い系というのは見知らぬ人と人を結びつけるサービスです。出会い系というのはあくまで場を提供しているだけですので、どんな人と結ばれるかというのは完全に個人の努力や選択次第なわけです。

当然ながら人というのはいろんな人がいますので、安全に楽しく遊べる女性もいれば、危険で楽しくない出会いになってしまう女性もいるわけです。いえ、そもそも女性ですらない場合もありますからね……。

危険な人物としてまず浮かぶのはやはりサクラという存在です。そのサクラの見分け方については先日にお伝えしましたので、詳細はそちらをみていただくとして、そもそもサクラといっても2種類のサクラがいることにご注意ください。

1つはそのサイトが雇っているサクラ。もう1つは違うサイトのサクラが自社サイトの誘導しようとして他社サイトに潜り込んでくるケースです。後者のサクラの場合は見分け方は実に簡単です。

なぜならそのサクラは違うサイトに誘導するという最終目標があるため、その誘導をしてきた時点でほぼ自白しているからです。「あっちのサイトなら写真が送れるから…」「電話で話せるから…」「無料でやりとりできるから…」と、なんやかんやとあれこれもっともらしい理由をつけて、このサイトじゃなくて続きはこっちでしない?なんて誘ってきますが、これは紛れも無く100%すべてサクラです。断言してしまっていいです。絶対に確実です。

そしてもう1つ、サクラではありませんが男性にとって危険な存在として…かなり数は減りましたが、いまだに美人局を仕掛けてくる悪意を持ったカップルというものがまだいます。待ち合わせ場所が人気のない、へんぴな場所だったり、やたらと遅い時間帯を指定してくるような場合は警戒した方がいいかもしれません。

そういう場合はもっと人混みのある場所や時間をこちらから変更を願ってみて、そのリアクションを見てみましょう。普通であればこちらの都合も考慮してくれて考えなおしてくれるはずですが、美人局は恫喝が目的になりますので、変更に応じてくれないことが多いです。あまりにも頑なで、おかしいなと思った場合は避けるのが無難でしょう。

出会い系料金システム

現在の出会い系サイトの料金体系は大きく分けて「無料サイト」「定額サイト」「ポイント制」の3つに分類されます。
それぞれのメリット・デメリットを挙げるのでご自身に合ったプランで出会いを楽しんで下さい。

■完全無料

お金は使いたくないがネットナンパ、文才に自信があればオススメ。
登録も無料、期間も無料とにかく無料です。
メリット
タダで遊べる!
デメリット
男女の比率が9:1の割合なので1人の女性をめぐって100人あまりの男が群がる激戦区でなのでライバルが多いです。
全てが完全無料ですが、沢山広告メールが送られてきた無料なのでサクラや業者が紛れ込みます。
無料と誘い同時に姉妹サイトに登録させ料金を取るなど悪質業者もたくさんあります。

■ポイント制

今日会いたいなど実際に会いたがる女性も多くナンパ慣れしていれば出会いの確立が高い。

現金でそのサイト内でのみ使えるポイントを購入し、そのポイントを消費してサービスを利用するというシステムです。例としては1P=10円くらいのレートとしたら「書き込みをする5P」「メールを読む5P」といった具合です。

メリット
サクラを潜り抜ければ実際に会える確立が高いしサクラでも出会える場合があります。
無料ポイントがあるので無料ポイント範囲内でも十分楽しめます。
デメリット
エッチな書き込みも多くそんな書き込みはサクラがほとんどで生息地になっているサイトが多いです。
メールを読むとポイントが減るので美味しいメールには注意が必要です。

■定額制

じっくり時間をかけてメールで親密になってから会うパターンが多い。
月額、年額などある一定の期間で料金が発生し、その期間は何をしても一律料金なシステム。

女性は無料の場合が多いのでサクラもいっぱいいます。 また、女性とメールの交換をした時点で料金が発生するサイトもあります。
メリット
メールを何通出しても何回やり取りしても定額なので安心ですね。メル友がたくさん出来るのでメール好きにはうれしいです。
デメリット
女性の登録は無料なところが多いのでサクラもたくさんいます。メル友は多数出来る割にメル友止まりになってしまう事が多く実際に会うに至らない場合が多いです。(人によると思いますが僕はそうでした。)

逆援助って実際、どうなの?

ありていに言ってしまえば、逆援助を持ち掛けてくるメールというのは100%ウソと言ってしまっていいでしょう。

ただ、逆援助という形態自体は実在していると思います。その場合にいたるとしても、いきなり具体的な数字を提示して抱いてくださいなんてメールはまず来ません。
だって、考えてもみてください。
今すぐセックスしたいと思った時、男性なら道行く女性に声をかけたとしても
よほどのイケメンでなければ相当に難しいですよね。
しかし、女性であれば中の下くらいの容姿であればホイホイとついてくる男性が多いと思いませんか?

要はそういうことなのです。
女性がお金を払ってまでセックスをしたいときというのは
相手に相応のステータスがある場合に限るのです。

逆援助に限らず、サクラか?と思った時、大抵の場合はサクラです。
しかし、稀にサクラではないケースもあります。
それはやりとりの相手が外国人だった場合ですね。

外国人といっても…いわゆる金髪の白人美人なんてのはまずいません(笑)
ほとんどは中国人か韓国人…もしくは東南アジア系であることが多いです。
まじめに出会いを求めている人も中にはいますが
たいていは「割り切り」での出会いを求めているようですね。

メールがカタコトだったり、日本語がおかしかったりするのですぐわかります。
容姿やスタイルが好みであればそのまま合意してもいいかもしれませんが
やはり「サービス」という面では劣ることが多いようです…。
その分割安ではあるので、値段相応と言った感じかもしれないですね。

ただ、気をつけたいのは「体臭」が会うまでわからないこと。
ずっと日本で日本人に囲まれて暮らしているとわかりにくいことではあるのですが
あちらの大陸系の人には独特の体臭が強い人がいたりします。
それが気になってエッチどころではなかったという声も多く聞かれますので…。
まあ、それも異文化交流ということで、いい経験になるかもしれませんね。

一番身近にある、出会い系の危険

出会い系の中でアドレス交換をすることになったとき、どんなメールアドレスを教えていますか?

もし、携帯キャリアから付与されたメールアドレス…
つまりは@docomo.ne.jpだったり@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jpを教えている人は危険です。

キャリアメールと言うのは個人情報に直結しかねません。
それに、万が一スパムメールが届くようになってしまった場合にも
変更した際にいろんな人に変更の連絡をするのも面倒ですよね。

なので、出会い系の中でメールアドレスを教える場合はYahooやGoogleのフリーメールを利用しましょう。
どちらもガラケー及びスマホからどこでもチェックが出来ますので困ることはありませんしスパムメールが届くようになったら、そのアドレスを捨てればいいだけなのです。

フリーメールの活用は出会い系の安全ライフにとっても大事なことです。

携帯キャリアといえば、ある程度仲良くなってくると意外と多いのが電話のお誘い。
女性というのは電話が好き…というよりも、それで色々と確かめたいようですね。

声というのは女性にとって重要なファクターです。
声質の好みもありますし、喋り方や話す内容でかなりその人のことがわかります。
つまり実際に会う前にメールよりももう一歩踏み込んでみようということですね。

これは多くの場合はチャンスです。
でも電話番号を教えるのはちょっと怖いな…というのも確かです。もう何度もやりとりをしていて、信頼に足ると思えば教えてもいいとは思いますが
貴方が既婚者だったりするとそううかつには教えられませんよね。

なのでそういう場合は、LINEやSkypeの無料通話を利用しましょう。
スマホであれば導入費用も、通話料金もかからずに電話ができます。
ガラケーの場合は…これを機にスマホを検討するのもいいかもしれませんね!

顔写真は公開したほうがいいの?

出会うという目的に対してプラスになるかといえば、確実にプラスになります。
女性からしたらどんな容姿をしているかというのは一番重要な項目ですし
相手の顔が見える・想像できるというのは安心できますからね。

ただ、顔を公表することによるリスクというのも当然生じます。
特に、すでにある程度の社会的地位を築いている人だったり
勤め先のスタッフ紹介ページなどで顔写真が載っている人は非公開のほうがいいでしょう。
○×会社の社長が出会い系でJKを募集してるぞwww
なんて風にTwitterなどで話題になってしまい
顔写真とともに、会社のホームページを添えられて炎上してしまう可能性も。

容姿に自信がないというひとでも、やっぱり最終的には実際に会うわけですから
会ってがっかりされるよりは、最初から自分の容姿を受け入れてくれる人とだけ
やりとりをして、無駄な時間やポイントを浪費せずに済むというメリットも有ります。

もし載せるのであれば、人から撮ってもらった写真だとなお好印象です。
自撮りの写真というのはどうしてもちょっとぎこちなかったりしちゃいますからね。