本当に怖い!無料出会い系サイトの同時登録システム

出会い系サイトというシステムが出来てからすでに20年以上、今でもサイトの数は増加を続けています。

ポイント制を購入し、消費してメールを送信するような有料のシステムもありますが、中には完全無料を売りにしている出会い系サイトも数多くあります。

しかし、無料出会い系サイトには、数多くの罠が潜んでいます。そのうちの1つが「同時登録システム」です。

同時登録システムとは一体何なのか、と思う人も多いでしょう。 これは、必要な個人情報を入力して登録ボタンを押した瞬間、他のたくさんのサイトに同時に登録されてしまうシステムです。

最初から「同時にこのサイトに登録されます」と書いている場合もありますが、勝手に登録されてしまう場合もよくあります。

そしてその登録した先は、悪質な有料出会い系サイトである可能性も高いのです。

一度登録されてしまえば、延々と「料金が発生しましたので払ってください」「払わなければ法的手段を取ります」というメールが来たり、着信拒否をしてもまた全く違うアドレスから必要ない広告メールや迷惑メールが届き続けたりします。

酷い場合では1分間に十通以上のメールが来て、携帯電話をろくに使える状態でなくなってしまうこともあるのです。

また、その他に同時登録されたポイント制の有料出会い系サイトから「女性からメールが届きました」という連絡が来て、うかつに返信してしまうとポイントを使用した扱いになって請求が来たという事例も存在しています。

このように悪質な請求をする出会い系サイトは、登録したのが自分の意思ではなくてもしつこく支払いを求めるメールを送って来たり
「支払いを行わないと退会することが出来ません」と高額な使用料金を請求してきたりと、さまざまな手で金を振り込ませようとしてきます。

もちろん無料出会い系サイトにしか正式には登録していないのですから、払う必要はまったくもってないのですが、あまりの迷惑メールや迷惑電話の多さに携帯電話を変える羽目になることも多いのです。

「完全無料」と言って人を集めておきながら、あの手この手で金を揺すり取ろうという出会い系サイトは本当に多いのです。君子危うきに近寄らず、少しの金を惜しんで、大きな詐欺に振り回されることがないように気を付けましょう。

サクラの存在と実態

サクラの存在と実態
サクラには騙されない!見分け方と注意事項
出会い系を利用する上で最も邪魔になるのがサクラの存在です。サクラが一人もいないサイトというのは、残念ながらどこにもありません。サクラを根絶することはどんな良質なサイトでも不可能です。それは、一体どうしてなのか?

 

どんなサクラがいるんですか?
サクラとひとくちにいっても様々なパターンがありますが、ここでは大きく3つに分けて解説します。

・運営元が直接やとった混じりっけなしの 純サクラタイプ

・運営元とは関係のない、他社の出会い系が派遣した 出稼ぎサクラタイプ

・運営元が報酬として一般女性にポイントを付与する キャッシュバッカータイプ

いわゆる「出会い系のサクラ」として一般的なのは一番上の、純サクラタイプでしょう。これが存在するサイトは例外なく悪質なサイトです。なぜなら、女性会員になりすまさないとサイトが存続できないほど一般女性会員が少ないからです。

そして3つのタイプの中では一番わかりやすい出稼ぎサクラタイプですが、なぜそんなことをするかといえば、そっちじゃなくてウチのサイトでお金を使ってください!という引き抜きなわけですね。これはどうやっても最終的には自社のサイトに誘導しないといけないため、何かと理由をつけて「続きはこっちのサイトでしない?」というようなことを言ってきます。このようなことを言われたらすぐさま無視リストにいれてください。時間の無駄です。

最後に、最近流行りのキャッシュバッカータイプです。厳密にはサクラとはいえないかもしれませんが、出会いの障害になるという点ではサクラと同じです。これは実は、現在優良サイトとされている超大手サイトのほとんどに搭載されているシステムなのですが、一般の女性会員が男性会員とやりとりをしたり、投稿した画像を見てもらうことによって、運営からポイントが付与されます。そしてそのポイントを利用して、商品券と交換できたりするシステムです。

一般女性会員がオマケとして利用するぶんには素晴らしいシステムですが、一部の女性会員はそのポイント稼ぎを目的として、メールを不必要に長引かせたりもったいぶらせたりして、男性に無駄なメールや時間をかけさせます。この手のタイプは最初から会う気がないことがほとんどなので、いくら一般女性とはいえやっていることはサクラと変わりません。

サクラはどう見分ければいいんですか?
100%確実に見分ける方法というのはありませんが、それでも100%に限りなく近づけることは可能です。危険度別にチェックリストを設けてみました。

  • お金を差し上げます、という内容
  • いきなりセックスを提案してくる
  • 他のサイトに登録するよう誘導してくる
  • アイドルや歌手など、有名人を騙る人物設定
  • 女性の方から積極的なメールが届いた
  • 脈絡もなく話題をコロコロ変えたり、無視したりする
  • 男にとって都合良すぎる(彼氏と別れたばかり、欲求不満の人妻、看護師やCA)
  • 写真がかわいすぎる・スタイルよすぎる
  • 会う約束をしたが、ドタキャンもしくはすっぽかされた
  • メールやLINEのアドレス交換をしてくれない
  • いきなりアドレスを教えてくれる
  • すぐに会おうと言ってくる

まず、赤いチェックリストに当てはまった場合はほぼ確実にサクラです。即座にやりとりを停止しましょう。黄色のチェックの場合もかなりの確率でサクラだと思ってください。2個以上が該当した場合は、サクラだと断定してしまってもいいかもしれません。ただ、出会い系を利用していく上でサクラに騙されることは恥ではありません。誰しも一度は騙されます。そこから学べばいいのです。

青いチェックリストに関してはケース・バイ・ケースです。一概にサクラとは言い切れませんが、怪しいのも確かです。知り合ってすぐだとアドレスを交換してくれない女性は多いですが、仲良くなってきちんと理由を説明すれば交換に応じてくれる女性はそれ以上に多いです。

逆にいきなり教えてくれる人や、すぐに会おうと提案する人は警戒したほうがいいかもしれません。あとあとで理由をつけて違うサイトに誘導されるケースがありますが、それはそれで金銭的な被害は少ないので、試しに乗っかってみるのも手です。

 サクラの存在と実態、のまとめ

・サクラがまったく居ない出会い系というのは存在しない

・サクラは大きく3タイプに分類され、それぞれ特徴がある

・常に頭のなかにサクラの存在をいれておくことで金銭的・精神的被害は少なく済む

・誰しも一度はサクラに騙されることがある。それもまた経験

・サクラならではの行動に注意し、怪しい場合は警戒する

・一般女性をサクラと誤認してしまうこともあるので注意

・アドレス交換の提案はきちんと順序を踏んでから

悪質な出会い系とは

悪質な出会い系とは
いったいどんな悪質なサイトがあるの?
現在、日本には約1万サイトほどの出会い系サイトがあると言われています。ですが、そのほとんど…99%は悪質な「出会えない系サイト」となっているのが現状です。では、どんな具体的にどんなサイトが悪質なのか、それを解説したいと思います。

 

そもそも、なぜ出会えないの?
出会い系なのに出会えない…。そんなおかしい現象が起きているサイトがなぜ生まれるのでしょう?それはとてもシンプルな答えで説明することが出来ます。

「一般の女性会員が存在しないから」出会えないのです。最初からいないのですから、出会えるわけがありませんよね。でも、どこの出会い系サイトを見ても女性で多く賑わっているように見えます。それはハッキリ言ってしまえば、ウソの騙しです。世の中のほとんどの出会い系サイトは、業者や運営元が雇ったサクラで構成されています。

悪質な出会い系サイトはどう見分けるの?
では具体的にどのようなサイトが悪質なサイトなのでしょうか?まずひと目で分かる条件があります。それは「女性視点を意識していない」サイトです。

セクシーな女性が挑発的なポーズをとった画像が大きくトップページに置かれているような出会い系…そして「セフレ」だったり「即エッチ」という過激な言葉が入っているサイト名な出会い系…それはもう100%確実に出会えません。

なぜなら、そういう画像やサイト名に惹かれて登録する男性は多いかもしれませんが、女性はどうでしょうか?このようなをトップページを見たら、むしろ嫌悪感を抱くと思いませんか?それなのにサイトに登録したら女性からたくさんのメールが届く…そんなのって、おかしいですよね。

じゃあ、どんなサイトが良いサイトなの?
悪質なサイトとは正反対に「女性視点」を意識しているサイトは良いサイトといえるでしょう。白や青といった爽やかな色を基調としていて、笑顔で健康的な女性や男性の画像やイラストが置かれているサイトは信頼できると思います。

上の画像と比較するだけでも、その違いがよくわかると思います。トップページには男性会員の写真も載っていますので、これなら一般女性も登録しようという気になりますよね。

このように、悪質な出会い系サイトというのは一目瞭然でわかることが多いです。欲望のまま、過激な出会い系サイトに惹かれてしまう男心もわかりますが、出会い系というのはまず女性ありきなことを忘れないで下さい。

 悪質な出会い系とは、のまとめ

・日本には約1万の出会い系サイトがあり、その99%は会えない悪質なサイト

・会えない理由は、単純に女性会員が存在しないから

・女性会員を増やそうとしていないサイトは悪質なサイト

・男性が喜びそうなサイトタイトルや画像があるサイトはまず危険

・逆に女性が喜びそうなサイトづくりを意識しているサイトは良いサイトが多い

暇を持て余しているHな人妻をいただく

心の安らぎを求め合う関係

GAK95_yuuhikappurushiruetto500-thumb-395.jpgauto-3533主婦というものは、ほとんど1日中家にいます、外にでる用事といえば買い物やママ友とお茶をしに行くぐら い、土日にしても子供や旦那が家にいるので自由に羽を伸ばす事ができず、ストレスは確実に溜まっているのです……。

そんな主婦たちには、やさしく、軽い感 じでメールをすると簡単に心を開いてくれます。

まずは、主婦の愚痴を聞く事が大切!

ストレスが溜まっているのですから、それを聞いてあげて相談相手に徹する事が、主婦を美味しく食べる近道です!(笑)
そうなれば、アポも簡単に取れますし飲みにでも行けば、人妻と言えど、女ですからね……。

体だけの割り切った関係

なかには純粋に体だけの関係を求めている人妻も多数存在します。

みなさんわかると思いますが、結婚すればセックスレスになる夫婦は少なくはありません。セックスレスにはならなくても、間違いなく回数は減るはずです。

男性は歳を重ねるにつれて、性欲が減りますが、女性はその逆で歳を重ねるにつれて、性欲が増えます。旦那が相手をしてくれない、セックスの回数が減ってしまった、女性は旦那以外の男性に求めるしか道はないのです。そして、このインターネットの出会い系という都合のいい世界に足を踏み入れてくる人妻が急増しているのです!

暇妻の攻略時間

Hな人妻をゲットするなら、家事がひと段落して、リラックスしている時間を狙うといいでしょう。
つまり、夜の20:00からです。この時間にパソコンを開いていろんな出会い系を覗いている人妻は少なくないのです。

そんな時に、アツいメールがきたらすぐにアポが取れる可能性も期待できます。
また、他の時間帯にも以外な狙い目の時間があります。それは、下記の様な時間帯です。

  • 朝の家事が終わる時間・・・10時~11時30分
  • 昼から夕方のリラックス時間・・・1時30分~16時
  • 夜中は??・・・残念!さすがに人妻さんなので、夜中に起きていることは少ないのです。。。(遅くて、深夜1時まで!これ以降はほぼ期待できないでしょう(-_-;) )
  • ゴールデンタイム・・・ 20時~22時!(この時間、99%返事きます(笑))

その日にアポまで入れるのが鉄則!

どうせ知り合えたら、最後まで食べないと損ですよね、ならばメールがはじまった人妻さんはその日のうちにアポまで入れてしまいましょう!
皆さん知っていると思いますが、女性には男性と違いたくさんのメールが届くのです。
返信がきたという事は、女性があなたを選んだ証拠なのです。「鉄は熱いうちに打て」です。
だらだらメールをしているうちに、他の男性がアプローチをかけ、その男性に心が傾いてしまう事もおおいにありえます。

リアルタイムにメールをバシバシ交換して、アポまで入れてしまうのが良策です!
1時間くらいの間に、10通くらいのメールのやりとりが出来たらいいですね。5分に1通くらいのペースですが、この数のメールをしていると相手の女性も他のメールをみる余裕がありません!会話がなりたっている、あなたのメールを最優先で読んで、返信をしてきます。

ヤル!

女性と会ってからの行動は人によって違うと思いますが、めんどくさがりの管理者からのオススメは、会ってからすぐに飲みにいきます。

お酒のパワーは絶大です!(笑)お酒がはいれば誰でも、警戒心は弱まります。
そして女性は心のなかで、少しだけHを覚悟します。必ずしておいた方がいい事はお酒を飲みながら会話の中で、最近の夜の生活の状況などHに関しての話題をいれておく事です!

冗談まじりにでも、Hな話題をいれておくと女性は心のなかで必ず意識します。
難しいかもしれませんが、ボディタッチをしておくと、これもまたかなりの効果があります!
体の一部が触れる事によって、女性は警戒心をとくのです。

簡単な方法は手相をみるなどと言って、手を絡ませたりなど・・・(笑)
あとはもうお酒を吐かない程度にどんどん飲ませる事です!(吐くまで飲ませるのは禁物!)・・・すべてパーになります(-_-;)
そして、店を出たら……セックスへ一直線!!

誘いの言葉は、簡単に「静かな場所で休憩しようか?」や、
ストレートに「ホテル行こう!」など、相手の女性をみて言葉を選ぶのがいいでしょう。

ホテルにはいってしまえば、ヤル事は1つですからここは多くは書きません。
お好きなように進めてください(笑)
1つ言うなれば、人妻は淫乱です!変態です!Hなんです・・・(・o・)

人妻と出会うなら出会い系サイトが一番!

いますぐ人妻と出会いたい時は出会い系サイト!

人妻と出会いたいときは出会い系サイトしかありません!他にも地味な方法はありますが、出会い系サイトならすぐに出会えます!したいにすぐ人妻!

出会い系サイトで人妻を探すのが一番早くて手軽で便利な方法です。出会い系サイトならどこでもいいですが、「私は30代前半の男ですが、若い女には飽きました。駆け引きのない恋を、人妻としたいのです!」とプロフィールに書けば、すぐに集まってきます。中には20代後半の若い人妻もいます。しかし、若すぎるとリスクは大きくなります。せめて30代にしてください。

人妻とどうして出会いたいのかという理由も書いておきましょう。

「スリルが欲しいから」→なんて理由なら無視されます。リスクの大きいセックスだけは避けたいと思っているのがヒトヅマという人種なのです。

「熟女と一夜を過ごしたいから」→という理由も微妙ですが却下されます。本人は自分を熟女と思っていません。まだまだ高感度の女なんだから、私の人生これからよっ!と思っています。

「高年収、フェラーリに乗ってます」→どうせ、いま車検に出してるとかいいながらリッターカーで来るんでしょ?プラチナカードを持っていたら信じてもいいけどねー。たぶん、嘘よねー。

「暇を持て余しています。悩みがあれば聞きますよ」→悩みなんて聞いてほしくないわよっ!初対面の人にどうして家庭内の問題を話さないといけないのよ!暇なら他の人を探しなさい。

うーん……人妻ってプライドだけはあったりするんですよね。

ストレートな表現でホテル直行!

「ちょっとセックスしませんか?」→あっ、これいいわね。軽いノリが気に入ったかも。この人とセックスしようかな。という感じで出会えます。

直接的でわかりやすいアピールだと、目的は一つだとわかってくれます。需要と供給のバランスというやつですか。男のほうも家庭があれば安心してもらえます。

後腐れのない肉体関係を求めている人も多いようです。「私でもいいですか?」というメッセージが届きます。

会ったらそのままいつものホテルに。

挨拶を交わしたら余計な言葉は必要ありません。ホテルでも行きますか?なんて言わなくてもさっさとついてきます。車も顔もどうでもいいのです。今夜だけなんだから。それなりにすることをしたらさっさと別れましょう。電話番号なんて聞いても無駄な場合が多いです。ホテルで内容が濃い場合は、「また会いましょう」。ということになる確率がかなり高いです。

やはり経験から考えて、最初は長めに数時間ほど。できれば4時間以上というのが目安になるようです。これ、けっこうインパクトありますよ。8時間なら離してくれません。なので、男は漏らしてはいけません。ガマンにガマンをかさねて最後だけ放出して終わりというのがベストです。

食事をしながら雑談タイム

ホテルの食事も泊りだと2食付は当たり前ですが、全国各地の美味しいもの特集なんてのをやってるホテルもあります。最初から行きつけのホテルはキープしておきましょう。(べんきょう部屋チェーンは食事は美味いです)厨房メインのようなホテルなので、朝晩はちょっと安い旅館並みの食事ができます。

アルコールもついているので、まったりとした時間を過ごしながら会話をすることになります。どうでもいい女性ならさっさと帰ってもいいのです。

出会い系サイトは怖い?怖くない?

Wooris_22910_1
一般的なイメージで言えば、怖いものになってしまうのかもしれません。
その一因としては、ニュースなどで出会い系をきっかけとした
殺人事件や、児童買春事件がたびたび報道されることですね。

実際としてそういった事件は起こっています。
が、あくまで出会い系というのはきっかけでしかないことがほとんどです。
もしこれがナンパをきっかけとした出会いであればその部分は報道されませんからね。
さも出会い系が悪いかのように報道されてしまうことがありますが……私はそうは思いません。

むしろ、普段生活をしているとまったく出会いの場がない人って多いですよね。
昭和の時代であればお見合いや両親の紹介などがありましたが、今やそれは時代遅れ。
というよりは、インターネットがなかった時代はそういう手段に頼らざるを得なかったのです。

なので出会い系を利用しているということに気後れを感じる必要はありません。
なにせ人と人があって話しあったり触れ合うこと自体を否定する人はいないのですから。
堂々と出会い系を楽しみ、そしていい出会いをしましょう!

悪質なサイトの餌食にならないために。

現在、出会い系サイトは千を超えると言われています。もちろん優良なサイトもあれば悪質なサイト、内容も何もないスカスカのサイトもあります。できれば皆が優良サイトを利用するに越したことはないですが、悪質なサイトの餌食になってしまう利用者も未だに後を絶ちません。甘い言葉で欲望を刺激するような言葉で誘い込んでくるので、ついつい乗せられてしまって……ということがあるようです。

そこで悪質なサイトに騙されないようにいくつかの注意点を述べていきます。

迷惑メールからの誘導

いろんなサイトに登録する際にメールアドレスをなんとなく入力していますが、それらのメールアドレスがどこからどう漏れるのかはわかったものではありません。迷惑メールが届くなんてことがごく当たり前になってきましたね。特に出会い系サイトなんかを利用していれば出会いに関するサイトの広告メールが頻繁に送られてきます。

メールの内容としてはURLが記載されており、女性を装ったキャラでエッチな誘い文句が書いてあったり、単に誘導させたいサイトの宣伝文句が書いてあったりといったものです。基本的にそのようなメールを送りつけてサイトに誘導するようなサイトはいいサイトとは言えません。悪質かどうかは別として優良サイトではないことは確かです。過去にクリックしただけで課金が発生してしまうなんてサイトもありました。無視、あるいは即ゴミ箱行きですね。

業者やサクラ

当サイトで紹介しているサイトにサクラはいませんが、業者はたくさんいます。ただし、どちらかというと人気サイトに多いのが残念なところですが、逆に言えば業者が多ければ多いほど人気のあるサイトというわけです。こればかりは流石に仕方がない状態です。運営側も対策はしているところもあるようですが、イタチごっこといった感じでしょう。

無料登録の罠

「登録無料!」とデカデカと掲げているサイトには要注意。どういうことかというと登録無料の「登録」という言葉に注目してみましょう。これは登録は無料です。しかし、サイト内の機能を利用するには料金が発生しますということです。ただこの場合はまだ良心的な方です。問題は「同時登録サイト」の存在です。

同時登録とはある無料サイトに登録したと同時に他の有料サイトにも自動で登録されてしまうという仕組みです。要は登録したサイトは無料でそれに偽りはなく、さらに利用規約に他の有料サイトへ同時登録されてしまうという記載がされているのです。利用規約なんてめんどくさくて読まない、あるいは軽く流す程度にしか見ないでしょう。そのスキをついた悪質なやり方のサイトは非常に多いのです。登録の際は利用規約をしっかり読むようにしておきましょう。

出会い系ってのは、多少のウソは許される場所です

これはもうそういう性質の場所なのですから、仕方ありません。
女性であれば年齢。男性であれば年収。まじめに申告している人はわずかでしょう。
多少なりとも盛ってしまっている…なんてのは当たり前の光景です。

でも、自分としてはそれはそれでいいと思ってます。
良くも悪くも「所詮は出会い系」なのですから、そこは割りきって考えましょう。
一時的にでも楽しい時間を過ごせればいい…そんな場所でもあるのです。

なので、会ってすぐバレるようなウソでなければ、ちょっとくらいはいいと思いますよ。
それによって会うチャンスが増えるならなおさらですよね。
ただ、年収一千万と言っているのに割り勘を要求したりしたらおかしいですけどね(笑)
こんなウソだらけの場所で、自分だけ馬鹿正直になる必要はないのです。

正直者はバカを見る…嫌な言葉ですが、出会い系においては真理とも言えます。

出会い系を始めたとして、すぐ会えるものなの?

chart_organization_137相手による、と言ってしまえばそれまでですが…ある程度の目安というのはあります。
いわゆる即ホテルや登録してすぐエッチ!なんていうのは悪質サイトの謳い文句です。
中には一般女性でも、すぐ会いたいという人はわずかながらいるかもしれませんが…
やはり大多数の女性は、会う前にはまず少しでも親交を深めたいと思うようです。

自分の経験則としては、はじめてのメールを交換してから
だいたい2週間程度で会うことが多かったように思います。
最短では3日、最長では半年以上というのもありましたね(笑)

基本的な流れとしては、知り合って3日後くらいまではお互いをより知り合うための話。
そこで相性が合いそうであれば、アドレスや顔写真の交換を提案をして
そこからさらに3日後くらいには、来週末まででどこか都合のいい日はある?と
具体的に話を進めていく感じですね。

こうしてある程度のフローチャートを決めておくとメリハリが出て良いですよ。

出会い系にかかる費用ってどれくらいが普通なの?

images利用するサイトや出会いの頻度にもよりますが
出会いの優良サイトで、女性一人と会うまでの費用というのを
ものすごーくざっくり考えた場合、500円もかからないと思います。

一般的に使えるとされるサイトでのメール送信は1通50円程度で済みます。
一人の女性に対して10通も送ればアドレス交換を申し出るには十分すぎるくらいでしょう。
私は5通前後でいったんアドレスやLINE交換の申し出をしています。
そこで交換してもらえればラッキーですし、してもらえなかった場合は
「それならまずは一度あってみて、それで交換するかどうか判断してみない?」
と早めに会う段取りをつけるようにしています。

それで会う約束が早めに立てられそうならそのまま続けますし
それさえも渋るようでしたら、もうその時点ですっぱり切るようにしています。

出会い系で費用を節約するコツは、無駄と判断したらすぐ辞める。これにつきますね。